落とし込み釣りで久々のカレイ登場!!IN箱崎埠頭

一昨日の休みの日は午後から雨が降り、釣りを断念し博多区の弓田にある釣具のポイントに行きました。


M店長とは顔なじみで、今年の状況を話していると、須崎埠頭でもカワハギが釣れていると聞いて、今日は須崎埠頭に向いました。 ^^;


GEDC6706.jpg


定番の先端東側の金網付近です。


エサのアオムシをハリに付けて、2ヒロ~3ヒロぐらいと、海底を探りますがエサはそのまんま!!


GEDC6707.jpg


この付近もアタリなし!!


唯一のアタリがこの方!!(涙)


GEDC6709.jpg



エサの長さと同じぐらいのシマハゼ君です。
シマハゼちゃんかもしれませんが、この際どうでも良いです!!



場所を右側先端~須崎埠頭の西側と移動しましたが、
何もアタリません。


竿を縮めて、箱崎埠頭の最近良く行くポイントに行きました。


GEDC6711.jpg


またしても、新たなイカのスミ跡のようなものがありました。


GEDC6710.jpg


イカが釣れているのかどうか?


何のイカが釣れているのか理解に苦しみます。


ヒイカは釣れているらしいのですが、こんなにスミは吐きません!!


悲しいことに、ここも、フグすらいません!!(涙)


いつまでもあると思うな親と金ではありませんが、
カワハギはどうやら一昨日の雨で水温が下がり、沖に出て行ってしまったと推定しました。


見做したわけではありませんが、どこにもいないことを察するとそうとしか思えません。



キスもアタラん!!
チャリコもアタラん!!


絶望の二文字が頭をよぎり、仕方なく過日アラカブがたまたま釣れたポイントにエサを落とし込むと、フグでもない、カワハギでもない、妙なアタリがあるんです。


食い込ませるだけ食い込ませて、竿を跳ね上げると、何かが釣れていて、底を伝って横走りするんです。


30センチ後半のメイタ??とも思いましたが、どうやら、それとは違うみたいです。


引きは強いのですが、ただ単に横走りするだけで頭を振ったりするような抵抗はまるでありません。


・・・・・・・・・・・・??????


リールを巻かずに竿を徐々に立てて海面に誘導しまして、引きを堪能して、海面に出てきたのがこの方です。


GEDC6722.jpg


30センチはありませんが、28センチぐらいの丸々と太った肉厚のマコガレイ


GEDC6729.jpg


久々に際でカレイを釣りました。



と言うか、久々にカレイを見ました。 ^^;



アイナメと並んで、博多湾の湾奥では絶滅危惧種??とも言われる滅多に釣れないカレイが際で釣れ、正直この場所で釣れたことに驚きました。



でも、すぐにこのポイントを諦めて、中央埠頭に向いました。



ここもカワハギらしいアタリは皆無です。


ですが、僅かながら釣れたのはこの方々。
GEDC6726.jpg

チビグチ

GEDC6723.jpg

チビメバル

GEDC6727.jpg

20センチぐらいのハゼドン


大物の気配も、まるでなく、ここで納竿。


倉庫の屋根には私が釣れた魚を埠頭に投げ捨てるのを待っているこの方が!!
GEDC6730.jpg


釣ってる後ろで、ギャーギャーとうるさく鳴いていたのですが、埠頭にばら撒くほどの釣果ではありません。


サギも腹立つ釣れ方でしかありません。



湾奥のカワハギはついに旅立ったようです。



来年もカワハギとサンバソウが湧いてくれると嬉しいのですが。











スポンサードリンク

まとめ

コメント


管理者のみに表示