コメントで再び箱崎埠頭北岸に出陣した私でしたが・・・・・・!!??

昨日の記事を見てか、コメントを下さった方から、クルマや家電の産業廃棄物処理場のすぐそばではなく、昨日キビレの2歳魚を釣ったポイントでカワハギが釣れるとのコメントを頂きました。^^;


箱崎埠頭北岸もなかなか広大です。


教えて頂いたからには出陣せねばなりますまい!


クルマのトランクには昨日の使いかけのアオムシも半分ぐらい残っていますし・・・・。


午後の3時過ぎに、昔はよくカレイ・アイナメの投げ釣りをやった勝手知ったるポイントに直行しました。


ところが、あいにく釣り場は土曜日と言うこともあり、たくさんの釣り人がいました。


アミカゴ付きの胴付き掛けで、カワハギを釣っている男女のグループもいましたが、それほど釣れていません。


私も仕掛けを用意して竿を出しましたが、昨日のアオムシの残りはグッタリとしています。(涙)^^;



ハゼが3匹釣れましたが、このポイントを諦めて、昨日釣ったどん詰まりのクルマや家電の産業廃棄物処理場のすぐそばに移動しました。


GEDC6657.jpg


実はこのポイントは個人的に好きなポイントで、ここで自己記録の34センチのタケノコメバルやたくさんのメイタ~チヌ、ヒラメまでも釣ったことがあるんです。


金網に近づくにつれて、段々深くなるかけ上がりのあるポイントです。


不思議なことにはやと丸が出ています。


GEDC6660.jpg



運よく香月釣具のクルマも来ましたので、アオムシを50グラム購入して、沖防に渡る数人の釣り人達が何を狙いに行っているのかを聞きました。


GEDC6661.jpg



メイタ~チヌ、セイゴ~スズキ、クロなんだそうです。


こんな寒い時期に半夜釣りに出かけることに驚きを隠せませんでした。^^;


確かに今年は、メイタ~チヌが壊滅的に例年の鉄板ポイントですら全くアタリませんでした。


いさえすれば釣れる魚ですから・・・。


よほどメイタ~チヌが釣りたかったんでしょう。


それにしても、こんな寒い日の夜にまでメイタ~チヌを狙いに
ワザワザ沖防に渡る人がいるとは、恐るべし!!です。


くたばりそこないの昨日のアオムシを海に捨てて、活きの良いアオムシをハリに刺すと、いきなりカワハギと昨日よりも大き目のキスがヒット!


GEDC6658.jpg



活きの良いエサは大切です!!



暫くしてもう1匹のカワハギを追加。


GEDC6659.jpg



そうしているうちに、前打ちでキスが釣れましたが、海面から上げる時に逃げ去っていきました。^^;



惜しくもなんともないのですが、長めに付けていたエサを飲み込んで、ハリには掛かっていなかったようです。



ここまでは昨日とほぼ同じ展開で、今日もカワハギ2匹か????などとぼやいていると、大きいのですが、カワハギとは違う妙なアタリがありますが、ハリに掛かりません。^^;



カワハギですら掛かる小さめのカワハギ3号のハリに掛からないヤツの正体は何なのか?と思いつつも、そのポイントを寝かせるために5メートルぐらい離れたところで竿を出すと、竿先がカツカツ・・・・と小刻みにアタリます。



チイチイフグはここまで大きくて断続的なアタリ方をしません。



頃合を見てアワセますと、壁際に沿って全力で逃げようとするカワハギの手応えが!!



何とか3匹目をゲットし、その後すぐに1メートルぐらいずれたポイントで4匹目のカワハギをゲットしました。



しかし、辺りはすでに薄暗くなり始めています。^^;


GEDC6666.jpg


先ほどアタリがあってハリに掛からなかったポイントを攻めるべく、仕掛けを変えました。



と言っても、ハリをカワハギ3号から袖型9号に交換しただけですけど・・・。



太目のアオムシを5センチほどの長さでハリに付け、妙なアタリがあったポイントを探りました。



竿先にゴツンゴツンと重みのあるアタリがあり、竿先が徐々に曲がっていきます。



アワセますと、カワハギでもなく、メイタでもない、セイゴとはまるで違う引き方をします。



壁際を伝って結構引くなかなかのファイターです。



海面まで上げて、ミチイトをもってブリ上げると、ヤツの正体はこの方でした。



GEDC6662.jpg



湾奥では狙っては釣れない&神出鬼没の20センチオーバーの丸々したアラカブです。



驚くようなサイズではありませんでした。



たまに限りなく30センチ近い丸々した船でもなかなか釣れないようなアラカブが私のペランペランのハンドメイドの竿に掛かることがあるんです。



アラカブが食って来る時は、釣りには良い潮の時だと経験則から思います。



薄暗くなってからも同じポイントを探りますと、底付近でこいつが強烈にアタリました。


GEDC6668.jpg


たかが、手の平以下のサイズのマダイですが、チャリコと呼ぶのかどうかは別として、結構引いてくれました。


大きなマダイがおらんかな~!!??と思いつつも、壁際を探っていると、昨日セイゴが釣れた程度の浅いタナで、結構引きを楽しめる魚がハリに掛かりました。


35センチ程度のセイゴかな?と思いつつ竿を捌いていると、どうにも違います。


正体はこの方でした。


GEDC6669.jpg


昨日対極のいちばん左側のポイントで釣れたのと同じサイズの2歳魚のキビレです。



小さいくせに良く引きました!!



次にエサを付け替えてポイントを探りますと、何かに根掛かりしてハリスごとなくなりました。



6時を過ぎて真っ暗にもなっていますし、仕掛けを修復して釣るには寒すぎます。



メバルがガンガンアタッてくれれば仕掛けを作り直したのですが、そんな気配もなくここでTHE END=納竿です。



GEDC6670.jpg



釣果からは釣る時間を考えると、効率が良い釣りとは申せませんが、散歩がてらには楽しめました。



帰宅後にすぐに風呂に入り記事を書いていますが、この時間にも沖防で竿を出している方がいるはずです。



大物が釣れることをお祈りいたします。







スポンサードリンク

まとめ

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者のみに表示