懐かしいメイタと狙いのカワハギ

今日も中央埠頭にカワハギを狙いに行きました。


サンバソウ狙いではありません。


GEDC6558.jpg


前回釣ったカワハギを鍋にしたところ、
すこぶる評判が良くて、
妻からは「カワハギをたくさん釣ってくるのよ!サンバソウはリリースしてねっ!?」と言われました。(苦笑)


妻はサンバソウが気に入らないようです。(汗!)


釣るべき魚を指定されると、
それはそれで結構大変なのです。


釣り人ならお分かりいただけるはず。


気合を入れて現地に行きましたが、
立ち入り禁止!!

GEDC6563.jpg


何でも、新幹線を積み下ろしして保管し、
真夜中に南福岡まで陸送するそうです。


しかたなく随分手前の、海保の「いとしま」付近で竿を出すと、
とりあえず1投目からカワハギが!!


GEDC6559.jpg



ところが、その後がいけません。


チイチイフグの猛攻です。


たまに、20センチ程度のチーバスがかかりますが、
論外です。


GEDC6560.jpg



薄暗くなるまでに、気合を入れても8匹しかカワハギはゲットできませんでした。



途中サンバソウが数枚釣れましたが、
即リリース。


GEDC6562.jpg



薄暗くなってカワハギが釣れないと分ってはいても、
エサのアオムシが余っているので、
タナを浅くして狙うと、竿先がグイグイと曲がるではありませんか。



アワセを入れると、これまでとはまるで違う魚です。



何かな?と思いつつリールを巻くと、
今年は珍しい30センチ弱のメイタ


GEDC6564.jpg


4月23日以来の見られるメイタです。



写真を撮って、すぐにリリース。



その後は何もアタリませんでした。



毎日4両ずつ新幹線が運ばれて来るので、
今日から4日間はこのポイントでは釣りにはなりません


ガードマンの方に聞いたところ、日曜日はお休みで、
祝日は運ぶのか運ばないのかも分らないそうです。


となると、来週の水曜日ぐらいからしかここの一番良いポイントには
入れないと言うことです。


釣る気満々で、
現地に行ったら立ち入り禁止では、笑えません。


中央埠頭で竿を出すことが出来るポイントなのに、
ここが立ち入り禁止ではお話にもなりません。


各埠頭での釣る場所が段々少なくなっています。


諸般の事情はともかく、
魚も少なくなって、
竿を出せる場所もドンドン少なくなっている様な気がします。


経済最優先の陰の部分です。


シラケムードの「一億活躍社会」など、まるで期待するにも値しません。


ますます、住みづらくなるだけの世の中になりそうです。


実現する気もない政策などどうでもいいけん、
これ以上釣り場を少なくして欲しくない!!」と言うのが本音です。


爺の楽しみを奪うようなことはしないで頂きたい!!


GDPも貿易黒字もまるで興味も関心もない私からすれば、
20年前に竿をだすことができたポイントから魚を釣らせて欲しいと願うばかり。



もうコリゴリです








スポンサードリンク

まとめ

コメント


管理者のみに表示