博多湾の湾奥で千差万別なメバルのアタリを今日も楽しみました!

一昨日行ったマル秘ポイントに向う前にキビレでも釣れるかも?と思いまず行ったのがこちらでした。



GEDC6239.jpg



東浜の船溜まりの左側です。



浅いポイントで、侮れないこともたまにある程度のポイントです。



でも今日は単なる残念なポイントでしかなく、アタリのアの字すらありませんでした。(涙)



良くあることですから、どうということもありません。



すぐにここを諦めて、マル秘ポイントに移動しました。



エサを付けて1メートルほどのタナで最初に釣れたのがこちらでした。
GEDC6241.jpg



黒々としたウロハゼです。


マハゼとは違い頭と口が大きく、黒っぽいのが特徴です。



一昨日釣ったエリア内の違うポイントで竿を出しましたが、退屈しない程度にメバルのいろいろなアタリを堪能できました。



急に竿を曲げて底に向かうこの方には驚きました。
GEDC6245.jpg




ある者は水深1メートル足らずで、竿先を急に曲げて底へ走ったり、
またある者は2ヒロのタナでクサフグの様にエサを齧るようなアタリ方をしたり、
ツンツンとしたアタリの後に、徐々に徐々に、ジワリジワリ・・・・と竿先を曲げるアタリ方をするのです。



50センチ刻みぐらいで、ポイントを移動しながらメバルを狙いました。



凡そ1時間で釣れたのはこちらです。
GEDC6247.jpg



前回より2尾多い10尾



粘れば倍の20匹は簡単に釣れそうですが、根掛かりしてハリをロストしたところで納竿としました。



時間も9時近くなりましたし・・・・。



妻からは「メバルの南蛮漬けを作るから、メバル・・・釣ってきてね!!」と言われていましたので、クーラーの中に入れて帰宅することとしました。
GEDC6249.jpg



メバルの南蛮漬け????



いつものことなので気にもならないですが、前回釣れたメバルがどうなったのかすらも私は存じません。



小さなくせに結構引きが強いメバルを釣るのが楽しみで、私はほぼ食べません。



妻がメバルを一番喜ぶのでメインターゲットにしているようなものです。



スポンサードリンク

まとめ

コメント


管理者のみに表示