中央埠頭でたった一度のアタリ、奇跡の1匹!!

いつもの場所は25センチ程度のセイゴなら釣れますが、こんなの釣っても仕方ないんで、今日は夕暮れ時の箱崎埠頭のはやと丸岸壁で竿を出すことにしました。


その前にバナナ埠頭に寄り道。^^;


GEDC6201.jpg


誰も釣り人がいませんが、コウイカの墨の跡が点在しています。



夕方の6時半だと言うのに誰も釣り人がおらんとは???



まあ、ここは今日の狙うべき釣り場でもないので、はやと丸岸壁に行きました。



GEDC6203.jpg



ここも、相変わらずコウイカ狙いの釣り人が竿を出しています。



全員コウイカ狙いです



離れた場所で、海底から海面まで1ヒロぐらいをジグザグに探りますが、何一つ魚のアタリがありません。



GEDC6205.jpg



沖防にも、見渡す限り誰も渡っていません!!



はやと丸の姿も見えません!!



沖防でも、メイタ~チヌが釣れていないと言う情報を聞きましたが・・・・。



15分ほどでこの場を去り、バナナ埠頭で竿を出しますが、ここでもまるでアタリすらありません。



バナナ埠頭も15分ほどでリタイヤ



結局いつもの中央埠頭に戻り、いつものように探りますが、今日はどうしたことかセイゴのアタリすら皆無



こういう「どこに行っても何にもアタラない日」と言うのが釣りをしていると案外あるんです。



ヤケクソ気味にタナを浅くしてゆっくりと歩きながら埠頭の際で仕掛けを引っ張っていると、セイゴではない小さなアタリがありました。



メイタでもありません。



とすれば・・・・、私にとっては、待望のあの方です。



アオムシをつけた仕掛けをメバリングのように引いていたときにアタリました。



GEDC6212.jpg



どうと言うことのない17センチほどのメバルですが、いつもにも増して嬉しい!!


GEDC6211.jpg



数年前ですと、当たり前のように、数が釣れていたのですが、今となってはメバルのこのサイズでさえ博多湾の湾奥ではレアな存在です。



周辺を探りましたが、アタリも皆無で、釣れたのは1匹のみ。



さすがに1匹ではどうにもならないので、リリース。



はやと丸岸壁⇒バナナ埠頭⇒中央埠頭の3箇所を釣って、アタリはたったの1回のみ!!



そういえば、4月24日以来、丸1ヶ月ほど、メイタ~チヌのアタリもありません。


まあ、5月の後半のクルマ横付けのポイントなど、例年こんなものだと割り切るしかないようです。






スポンサードリンク

まとめ

コメント

百道浜は、釣れてますよ

管理者のみに表示