大潮は私にとっては天敵かも?

今日も夕方6時過ぎてから家を出てポイント築港店に寄って、アオムシとケミホタルを買って、いつもの場所に直行。


風もなく穏やかなのですが、釣り場には誰一人いません。


こんな日に、誰もいないとは!!


GEDC6176.jpg



昨日降り続いた雨のせいで、御笠川の河口は水が濁っています。



もしかしたら・・・、メイタとチヌのワンダーランドと化しているかも??などと都合の良いことを考えたりします。


しかし木の葉や木の枝や茎までもが大量に際に浮かんで釣りづらいこと、釣りづらいこと・・・・・・。(涙)


今日は大潮で夕方の5時ぐらいがド干潮。


夜にかけての上げ潮狙いなのですが、私は昔から「大潮の日に良い釣果だった思い出」がほとんどないのです。^^;


そんなジンクスにも似た忌まわしい大潮の呪縛から逃れることが出来るのかどうか?


1投目から25センチほどのセイゴが釣れましたが、ハリが今にも外れそうになっていました。


GEDC6179.jpg


食いが相当浅いようです


普通うならば、喉の奥まで飲み込んで、私を困らせてくれるのですが、ハリがすぐに外れて、私も助かりました。^^;


喉の奥にハリが掛かると、外すのが大変ですし、セイゴが弱ってしまいます。


頻繁にアタリがあるのですが、ほとんど掛かりません!!


カツーン!というアタリの後に、小刻みなアタリがあり、ここで竿を送り込んで竿先が曲がるまで待ってアワセると、たいてい釣れるのですが、今日はそのパターンをことごとく踏みにじるように、カツーン!というアタリのみです!!


これだけアタリがあって、たかがセイゴすら獲れないとは・・・!!


暫くしてやっと2匹目のセイゴが釣れましたが、いつもと引き方が違い際の真下に向って引くのです。


こちらも食いが浅く、まさに口の皮1枚でハリが掛かっていました。


GEDC6180.jpg



海水が濁っていても、メイタ~チヌの気配がありません。



メバルもいなけりゃ、アラカブもいないのですが、セイゴのアタリだけは頻繁にあります。



食いが渋く、一筋ならではいかないセイゴに愛想を尽かして辞めようと思ったらもう1匹追加。


GEDC6182.jpg



こちらもすぐにハリから外れました。


大潮の日には良くない釣果」と言う私の個人的なジンクスは、今日も心に刺青を彫ってしまいました。


にしても・・・、この網のむこうで釣りがしたい!!


GEDC6177.jpg


釣り人にとっては大迷惑でしかないSOLAS条約のおかげで、各埠頭の一番良いポイントで釣りが出来なくなりました。


先端部分の潮通しの良い1級ポイントばかりが立ち入り禁止となりました。


実にけしからんお話です。


まるで実効性のないSOLAS条約など批准したのは、いったい誰なのでしょうか?


恐らく、海釣りをしない方でしょう??













スポンサードリンク

まとめ

コメント


管理者のみに表示