大きなアラカブは博多湾からのプレゼント?

昨日は天気が良いのにが強く、とても釣りにいける状態ではなかったのですが、夕方になるとがおさまりました。


須崎埠頭の西側に行ってみようと思って、ポイント築港店でケミホタルとアオムシを調達して現地に到着したのが夕方の7時前。


夕日がとても綺麗だったので、写真を撮ろうと思ったら、デジカメを忘れたことに気がつきました。


アオムシをハリに刺して、西側のへチの1ヒロ~2ヒロアタリを歩きながら探ってみましたが、アタリ一つありません。


ところどころにコウイカの墨の跡が点在しています。


荒津大橋の下付近に移動してやはりへチを探りましたが、やはりアタリはありません。


コウイカをエギで狙っている方、エサ巻きスッテで狙っている方がところどころにおられましたが、あまり釣れている様子でもなさそうです。



30分足らずで須崎埠頭を諦めて、中央埠頭のいつものポイントに向いました。



潮見表を見てきませんでしたが、ほぼ満潮近くで水位がかなり上がっています。



釣り場には誰もいませんし、ここではコウイカの墨の跡もありません。



同じように1ヒロ~2ヒロラインをジグザグに探りますと、あまりアタリがなく、水位が上がっているので海面から1メートルぐらいのタナを集中的に探りますと、セイゴの25センチ程度がいつになく入れ食い状態!!



どれもこれも計ったように同じぐらいのサイズです。



いつもはここまで行かないと言うポイントまで歩いていますと、やはり水深1メートルぐらいのタナで重苦しい魚の引きがありました。


???


明らかにセイゴなどではないアタリです。


竿先をグングン曲げる重くて鈍いアタリを待ってアワセますと、魚が引いているにもかかわらず、どこかの穴にもぐりこんで出てきません。


こういうアタリ方をするのは良型のアラカブかタケノコメバルなのですが、今年はタケノコメバルが1匹も釣れません。


しばらくやり取りを放置して、ミチイトを緩めて時間が経つのを待ち、再びアワセますと、魚は壁伝いに逃げで行きます。


引きをかわして海面近くまで上げて、暗闇の中でミチイトを持ってブリ上げると、27センチ程度のアラカブ

GEDC6172.jpg


船からでもこのサイズはなかなか揃わないと言うのに、博多湾の湾奥ではたまにこのサイズのアラカブが釣れます。


GEDC6174.jpg



ですが、狙って釣れるものでもありません。


基本はメバルなんですが、メバルを狙っていると、メイタ~チヌ、セイゴ~スズキ、アラカブ、タケノコメバル・・・などが釣れると言うことです。


その後再び25センチ程度のセイゴの猛攻がありましたが、1匹だけ33センチぐらいのものがいたのでアラカブを持って帰るついでにキープ。
GEDC6175.jpg


9時近くなりましたので、ここで納竿。


これぐらいの時間帯になると、次々にルアーマンがクルマでやってきます。


ルアーマンは深夜までロッドを振っているみたいです。






スポンサードリンク

まとめ

コメント


管理者のみに表示