春爛漫ですが、博多湾の湾奥は諦めるしかないのか?

今日も穏やかで、暖かな天気でした。


ソメイヨシノだけではなく、


目に止まった色違いの桜があまりに綺麗なので、


GEDC6052.jpg


思わずデジカメを出して、シャッターを押してしまいました。


GEDC6053.jpg

GEDC6054.jpg


春爛漫です。


桜と言えば、釣りバカは魚の産卵つまり、


「乗っ込み」を思い浮かべることだと思います。


桜鯛しかり、乗っ込みチヌ然り・・・・・。


植物もこの時期になると命の息吹を感じます。

GEDC6051.jpg

GEDC6050.jpg


つつじもまだまだですが、


これからが愉しみです。


さて、毎年息子さんと室見川にアサリを採りに行っている後輩に連絡したところ、


昨年同様室見川のアサリは貝堀にはまだ向いていないとのこと。


まだと言うより、この時期に採れなければ、


いないと言うことです。^^;


一昨年の夏の高水温でアサリもほとんどが死滅してしまったようです。^^;


更に、会社の釣り好きたちが一昨日、


北九州の若松の運河で乗っ込みチヌを狙いに行きました。


某雑誌のグラビアに載るほどの腕前を持つ後輩もいますが、


予想外に、・・・・・・いつも全く釣れないで有名な?後輩のS君が


唯一40センチオーバーのチヌを1枚釣り上げて優勝したそうです。(笑)


微笑ましい・・お話です


大分の鶴見周辺の当番瀬に渡っては、


40センチ級のクロをガンガン釣りまくり、


雑誌にもよく載る腕利きの後輩たちは


フグしか釣れなかった・・・そうです。


釣りはそんなものです


だから・・・、


面白い面もあるんです。


さて、私は湾奥でのメバル狙いはキッパリ諦めました。


よしんば、釣れても、リリースサイズと聞けば、


真剣に狙うのは大人げない!!


さて、メイタ~チヌはまだ少し早いし、狙うはアイツラしかいません。


006.jpg



でも、かなり飽きています。^^;


遠くに行けば、いろいろと釣れるのかも??知れませんが、


あくまで博多湾の湾奥での「安・近・短」を意識していますので。


悲しい男の性というヤツかも??





スポンサードリンク

まとめ

コメント


管理者のみに表示