苦戦の末のセイゴゲット!IN荒津オイルセンター

3月半ばの今日は風もなくとても良い天気でしたので、夕マズメにかけてカレイでも狙ってみようかと、荒津オイルセンターの左側先端部分に行くことにしました。


荒津オイルセンターではダントツの投げ釣りポイントなので、誰か釣り人がいるだろうと思って行ってみると、果たしていつもは常連さんがいるポイントがガラ空き。

GEDC5991.jpg

良いのか?悪いのか?ポイントには誰もいませんし、見渡す限り釣り人の姿もありません。


既に、暗雲の兆しですか???


GEDC5992.jpg


脳天気な私は青空天井の投げ釣りが出来るとばかり、過日箱崎埠頭でTさんから頂いた妙な形をしたテンビンも使って速攻で投げ竿を3本出しました。


GEDC5994.jpg


GEDC5997.jpg


ところが、リールを時折巻いてアタリを待つも、
悲しいことに竿先がピクリともしません。


仕掛けを巻き上げると、エサはそのまんま・・・・。


誰もいないワケです!!!^^;


1時間ほどで場所を変えて、今度は落とし込み釣り・・・です。


常連のネコが私が釣るのを待っているように、そばに寄ってきました。


GEDC6001.jpg



ところがここでもアタリはサッパリ!!


本日初めて且つ唯一のアタリがあって釣れたのがこちら。


GEDC6002.jpg


釣るも涙・見るも涙の悲しい釣果です。^^;


付近ではいつものあの方がギャング仕掛けで、ボラを引っ掛けて、雄叫びを上げていました。^^;


コウモリがミチイトにぶち当たり、嫌気が差したので、これまたポイントを移動。


これだけじゃ~、あまりに悲しすぎるので、正面の長い波止からメバルを狙ってみることと致しました。


GEDC6012.jpg


2ヒロ位置にケミホタルを付けて探りますが、歩けど探れど、ウントモスントモ・・・。


100メートル以上探って、アタリすらないので、ここで一休み。


GEDC6015.jpg



投げ釣りもサカナのいる気配がなく、際を探ってもアタリすらない!!


半ば肩を落としながら、もう少し先まで狙ってみようとした矢先に竿先にアタリが!!


本日唯一のまともなアタリなので、丁寧に竿先を送り込んでハリを飲み込ませました。


ですが、メバルでないことは長年の経験から明らかで、いつものアイツです。


右手をしゃくってアワセると、かなり引きますが、海面から飛び出したときに、既に戦意喪失


ミチイトを持って振り上げますと、やはり・・・いつものアイツでした。

GEDC6010.jpg


28センチ程度のセイゴ・・・です。


GEDC6011.jpg


撮影してすぐにリリース。


その後先端まで行こうとしたらテトラのところで40歳ぐらいの男性が何かをウキ釣りで狙っています。


竿をほったらかしにして、釣りをせずに凡そ1時間ほどお話をしました。


その間に彼は20センチにも満たないようなセイゴを1匹ゲット。


穏やかで暖かい夜でした。


釣果は最低でしたが、貧果にめげず釣りを楽しんでいる方とお会いできて、いろいろなお話ができたことが収穫でした。


荒津オイルセンターの近況がかなり把握できました。












スポンサードリンク

まとめ

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
初訪問
今晩は。初めまして。古後義和と申します。初めてごほさせて頂きました。(^-^) 僕は横浜沖堤をホームに、黒鯛の落とし込みをしています。また、お邪魔させて頂きます。宜しくお願いします。m(_ _)m

管理者のみに表示