大物が釣れた時にタモがないときはどうする???

タモを持たないで釣りをするのは、小物釣りに徹する釣り方をするときがほとんどですが、そんな時に限っていきなり来るのも大物なのです。


釣り人の間では、

・タモを組むと大物が釣れない!!
・タモがないときに限って、大物が釣れる!!

と云うのは、ある意味定説でもあり、「真実の事実」です。


今日も私は、箱崎埠頭のポートオブ博多にメバルを釣りに行ったんですが、そんな時に釣れるのがこちらのチヌ。
GEDC2707.jpg




釣り上げて計測すると、46センチありました。
GEDC2709.jpg



さて、このチヌですが、メバル釣りをしにきた私は、当然のことながらタモを担いで回るのが面倒なので、クルマの中に入れっぱなし。


ハリに掛かったポイントからクルマまでは何と70メートルぐらいあります。


今日は、メバル狙いなのでハリスは1・5号


ミチイトを持ってブリ上げれば、ハリスにキズがあればプッツンするのは目に見えていますから、ある程度チヌを浮かせて空気を座らせて弱らせました。


次の行動はと云うと、チヌを竿本1先ぐらいの位置まで逃がすようにして、その間隔をキープしながら、クルマまでハリにチヌがかかったまま歩いていくことにしました。



早すぎず、遅すぎないぐらいの歩き方で、ポートオブ博多の護岸からのチヌとの距離を保ちながら海中のチヌを散歩?させるのです。


それで、クルマの位置に来たら、リールを完全にフリーにしてイトを出しながら、タモを準備します。



後は、クラッチを入れてリールを巻いて、チヌを掬い上げるのみ!!GEDC2711.jpg



記念撮影を済ませたら、再びタモに入れてゆっくりと海水の中に入れてチヌを海に放ちます。



この「海中連れまわしンパターン」は、私は昔からよくやるパターンなんです!!




私はこの「海中連れまわしンパターン」は、かなり昔からよくやっていたパターンで、大型のチヌに関しては、今までの成功率は何と100%なのです。



相手をある程度弱らせてから、「海中連れまわしンパターン」をするのですが、この方法はチヌには特に有効です。


※あまり、おすすめは致しません!!(笑)



ところが、このパターンは大型のスズキには通用しないと思っています。



なので、したこともありません!!


DSC_0321_201810250118340c7.jpg




スズキは空気を吸わせても、弱りませんから、こんなやり方をしていると、余計に元気になり遠くに逃げた挙句にパワーアップしそうです。


なので、スズキの場合はタモが近くにないときは、イトがある限りドラッグをフリーにして、クルマがあるところにタモを取りに行くしか最善策は見当たりません。


ドラッグを緩めて、フリーにしておけば、「エラ洗い」などしたところで、「勝手にやってろ!!」という気持ちになります。


後は、クルマのところまで行ってタモを持ってくるだけ!!


大型のスズキが釣れるか釣れないかは、タモがある無しよりも、ハリがスズキのどこに刺さっているかの方が大切です。


喉の奥に掛かっている時は、途中でハリスを飛ばされる確率が非常に高いです。


ハリが「ジゴク」に掛かっていれば、時間を掛ければ・・・、なんとか釣り上げることが出来ます。


でも、すべてにおいてハリスにキズがないことが前提です。


ハリスにキズがあれば、それ以前にハリスを飛ばされてしまいます。









スポンサードリンク

まとめ

コメント


管理者のみに表示