釣れないときに使えるオールマイティな言葉とは?

海釣りは、いろいろな条件や要素が複雑に絡み合って「釣れる・釣れない」が決まることが多いものです。


GEDC1898.jpg


確かに、

海が荒れて釣りにならないだとか、
良く釣れるポイントで見かけない家族がサビキ釣りをしていただとか、
大きな船が釣れるポイントに停泊して釣れなかっただとか、
昨日大雨が降って海水がドブのように濁って釣りにならないだとか、
ベイトフィッシュが全くいなくて、シーバスの気配すらしなかっただとか、

・・・もっともらしい言い訳や理由は、探せばいくらでもあります。


極めつけの万能の言い訳ともとれる言葉が「今日は潮がよくないなぁ~!」という殺し文句。


「潮が良くない!」という言葉ほど、釣れないことを自分自身に納得させる言葉も少ないのではないか?と思えるほど万能に使える言葉だと思うのです。


ですが、そのような状況でも、ちょいと離れている場所で、次々に魚を釣り上げている人がいる経験したことがないですか?(笑)


自分のすぐ横で後から来た方が、ホイホイと魚を釣っているのをまじかに見たことはありませんか?(爆)


釣り人の多くは、自分にアタリがなかったり、釣ることができないと潮が悪いというのです。


本当に潮の良し悪しなんて分かるのか?と尋ねたい。


こう書いている私自身も50年以上海釣りをして、本当の意味で潮の良し悪しなど・・・・全く分からないのです。


そもそも、潮が良いとはどういうことかを考えると、自分に都合の良い釣果が上がった時に潮が良いと言い、釣れないときは潮が悪いという。ただそれだけじゃないか?と思う。


だが、「潮が良くない!」という言葉は、何となく海を知り尽くしているような感じがして、まことに使いやすい。(笑)


釣れないときのキメ台詞にはもってこい!!なので、大いに使ったほうが良い!とも思っているのです。


ただし、職場の上司に数字の言い訳をするときには、もちろん使えない言葉です。


先月は潮が悪かったんで…などと云えば、逆鱗に触れること請け合い。


TPOを考慮して使わないといけないボキャブラリーであることは間違いない。


ついでに、全然釣れないときに、案外使える言葉がありますよね?


GEDC1705_201807021927031fc.jpg


それは、後から来た釣り客が「何か釣れますか?」と尋ねて来たときに、
「今さっき始めたばかりなんで・・・!」という言葉。


「今さっきって何時間前からですか?」などと聞き返してくる釣り人はまずいません。(笑)


これまた、なかなか都合の良い言葉です。


「今日は潮が悪いみたいやね~!」という言葉、
「いまさっき釣り始めたばっかりやけん!」という言葉を釣り場で多用しましょう!


特にビギナーの方はなかなか釣れないかもしれませんから、是非とも覚えておきましょう!








スポンサードリンク

まとめ

コメント


管理者のみに表示