新たな釣り場を求めて、アイランドシティの釣り場に2日連続で行きました!

「基本的に同じ釣り場に通う」という云うのが、私のこれまでの釣り歴で「釣り人としてのスペック」を上げる近道であると今なお思っています。


ですが、ここ最近の箱崎埠頭や須崎埠頭・中央埠頭、長浜のポイントなどはあまりにアタリが少なく、2~3時間も釣り糸を垂らしてチヌだとかスズキを釣っても、大半の時間は「退屈そのもの」ですから、「真剣に竿を出したことがない釣り場」にあえて行ってみることとしました。


それはこちらのアイランドシティの釣り場

GEDC1812.jpg

GEDC1816.jpg

GEDC1811.jpg

基本的に釣り禁止なのかと思っていたんですが、案外釣り人がいましたので、私も防波堤の付け根のところで竿を出してみました。

すると、釣れるのはこちら。
GEDC1814.jpg
いつもの常連さんですし、税金みたいなものですから、仕方ありません。

GEDC1815.jpg
今年は例年になく、サバゴが湾奥にも湧いており、サビキ釣りでもアジゴが少なくサバゴばかり釣れているみたいです。

チイチイフグとサバゴが湧いているということは、このポイントで定期的にサビキ釣りをする釣り人が入れ代わり立ち代わりやってくることなので、2回エサの付いたハリを落とし込んで、この場所はすべからく諦めて堤防の先端を目指しました。^^;

GEDC1818.jpg

防波堤の付け根から先端までは、かなり距離があります。

GEDC1819.jpg

先端部分もかなりの水深があり、防波堤の構造が初めてですので分からないために、いつも通りケミホタルのタナを少しずつ調整しながら1ヒロ半(2m30センチぐらい)に合わせて探りますと、幸先よく釣れたのがこちらの18センチぐらいのメバル。
GEDC1821.jpg

その後は、サイズは悪くないものの、梅雨グロばかりが入れ食い。
GEDC1832.jpg
このサイズを落とし込み釣りの竿で釣りますと、メイタ~チヌとは違った鋭角的なスピード感がある引き具合が楽しめます!!

GEDC1823.jpg

GEDC1824.jpg

見る見るうちにビニールバケツの中は20センチ前後(最大25センチぐらい)のクロで溢れ、みんな酸欠でアプアプ・・し始めたので、メバルだけをキープして一度リリース。
GEDC1825.jpg

更に、先端から20メートルぐらい離れたところで竿を出すと、やはりクロが次々に釣れまして、再びメバルだけを残してクロはリリース。
GEDC1829.jpg

18センチぐらいのメバル1匹では持って帰るワケにもいきませんので、せめてもう少しばかりと、メバルがいそうなポイントを探してどうにか2匹追加することができ、久しぶりに「お持ち帰りできる魚」をゲットしました。(笑)
GEDC1833.jpg

大物は皆無でしたが、久々に退屈しない釣りが出来ましたし、サイズはみんな計ったように18センチぐらいのメバルでしたが、今年レアなメバルが釣れて若干ウキウキしました。


2日目

昨日梅雨グロがかなり釣れたことで、落とし込み釣りを始めたばかりの弟の練習にはお手頃とばかり、弟を誘って同じ釣り場に出掛けました。

私はメバル狙いで、昨日とは全く違ったポイントで竿を出し、弟は100メートルぐらい離れたところで何かを釣っていたようです。

相変わらず釣れるのはこちらとフグ。
GEDC1820.jpg

次に目の前まででメバルが釣れていたんですが、エサのアオムシのたらしが長かったこともあり、目の前で落ちて海の中に!!

ですが、その後にすぐにメバルらしきアタリがあり、またしても計ったように18センチぐらいのメバルが釣れました。
GEDC1840.jpg

更に20メートルぐらい離れた地点で、メイタ~チヌでもなく、クロでもないかなり良く引く魚がハリに掛かったのですが、途中ですっぽ抜けてしまいました。(涙)

その後弟と合流して先端を目指しながら釣っていると、クロかなと思いきや本日2匹目のやはり18センチぐらいのメバルが釣れました。
GEDC1841.jpg

このサイズが退屈しない程度に釣れると楽しいのですが、そうは問屋が卸しません!!(涙)

メバルが釣れたポイントから10メートルぐらい離れたところで、小さく鈍いアタリがあり、竿先を送り込んでアワセますと、これまでにない引き!!

すかさず、ミチイトを出して様子を見て、反撃開始。

どうやら、この防波堤は中がほげている構造になっているみたいで、竿を強引に曲げて中に入り込もうとする魚を、竿さばきで沖に向かわせて浮いてきたところを弟がタモで掬ってくれました。

GEDC1835.jpg

45センチのチヌでした。

GEDC1838.jpg
(いつもながら、精悍な顔つきをしています。)

GEDC1837.jpg
釣れたチヌは、弟がフィッシュキャッチャーで口を挟んで、釣れた反対側にリリースしてくれました。

ここで3日間使ったエサがなくなり、強制納竿。^^;

エサのアオムシも少なかったので、ムキになってクロを釣ることもありませんでしたが、チヌに出会えました。

18センチぐらいのメバル2匹も、昨日の今日ですので、リリース。

アタリが少ない湾奥のいつものポイントとは、ひと味違う釣りが2日間楽しめました。

セイゴが釣れないことに驚きを隠せませんが、それはこれからの課題です。

たったの2日間の夜のわずかな時間でこの波止のすべてを熟知することは到底できませんから、次回の釣行では他の魚も狙ってみたいと思っています。

まさにこの波止の「表面上の釣り」をしたに過ぎないので、メバルはもちろんですが、ボトムにいるであろう魚を次回は狙ってみることにします。


スポンサードリンク

まとめ

コメント

初めまして
初めまして、今月頭に福岡に越して来てからいつも参考にさせていただいています。

夜釣り中心で自転車しかないので自宅からほど近い能古渡船場の防波堤や愛宕浜の波止、能古島などでもこちらの釣り場情報を参考にヘチやウキ釣り、ルアーも行なっていますがサバゴとフグしか釣れず心を折られ続ける毎日です。。

能古渡船場周辺でシーバス、チヌの顔をなんとか拝みたいと思っているのですが、何かアドバイスなど頂けませんでしょうか?

よろしくお願い申し上げます。
コメントありがとうございます!
姪浜界隈は、私が知る限り博多湾でも屈指のポイントです。

私が近年そこにあまり行かないのは、無料で車を止めるところがないからです。^^;

メイタ~チヌであれば、能古島渡船場の防波堤を夜の満ち込みの時にアオムシをエサにして探れば、必ず結果が出るはずです。

また、セイゴ~スズキは、釣れる時と釣れないときのムラがある魚ですが、室見川沿いの愛宕浜海浜公園をやはり、夜に落とし込み釣りかウキ釣りで狙えば必ず結果が出るはずです。


詳しいことは、私が書いているホームページを参考にしてみてください。

⇒博多湾~ここなら釣れる!! (「博多湾の釣り」というキーワードで検索すると第1位にあります)

⇒博多湾の落とし込み釣り春夏秋冬(「博多湾の落とし込み釣り」というキーワードで検索すると第1位にあります)


あとは、「ボウズを気にするなく同じ釣り場に通う」ことではないでしょうか?


能古島渡船場の防波堤のトイレがある角地付近は、私が知る限り直近の10年間で博多湾レコードの58センチ台のチヌが釣れたところです。


私も姪浜界隈の釣り場は、初めて「年なしのチヌ」を釣った釣り場として今でも愛着があるのですが、駐車場代まで払ってチヌやスズキは釣りたくないというのが本音です。^^;


私のホームページを読んでいただき、4~5回釣行されても釣れないときは再びコメントを下されば更なるディテールをアドバイスできるかも?しれません。


チヌとスズキの顔が見れることをお祈りいたします!!

返信ありがとうございます!

ちょっと坊主にもめげずに頑張ってみます。実績ポイントを意識して勉強させていただきます。

また結果が出たら報告(相談 させていただきます!

No title
いつもブログを拝見しています。
チヌ狙いで実家から近いこのポイントに行かせて頂きました。

時間がなかったので、ヘチの表層しか探れませんでしたが、
魚は手前に逃げますね。
メジナとフグの顔しか拝めませんでしたが、時間があれば、
またやってみたいポイントですね。

管理者のみに表示