落とし込み釣りと釣趣に関して

北九州在住の私の弟が6月いっぱい仕事のために博多区のマンスリーマンションを借りて暮らしているので、過日長浜のポイントで一緒に竿を出したのがきっかけで、週末に北九州に帰る弟は自分の縄張りのポイントで落とし込み釣りをしたら、すぐにチヌが釣れたようです。
1528119821034.jpg

弟は子供のころからルアーがメインの釣りをしており、ブラックバスはもとより、気持ち悪いライギョなどを釣って喜んでいるアンポンタン釣り師なんですが、シーバスもルアーで狙うし、ミズイカもエギングで狙っているようです。


しかし、たった一度一緒に行っただけで、落とし込み釣り用のリールを買っただけで、メバリングロッドでチヌを釣り上げた弟の環境順応性の高さと釣りの勘の良さに多少驚きました。


スマホで突然送られてきたこちらの画像に、私は少なからず「弟の悪意」を感じましたが、と同時に、このサイズのシーバスを落とし込み釣りで釣ることをイメージしたりもするのです。
bznsxu7p2wwy6d5kpims-1245927b.jpg
こちらの画像は弟がルアーで釣り上げたメートル超えのシーバスですが、こんなモンスターは私もこれまで釣ったことがありません。


船でスズキ釣りに行っても、ルアーを投げてシーバスを狙っても、アジゴをエサに泳がせ釣りをしても、今までの最高サイズは92センチというのが私のこれまでのビッグワンなのですが、メートルを超えるスズキは残念ながら50年以上釣りをしていても釣ったことがないのです。^^;


1メートルを超えるシーバスをまじかで見たのは、能古島の裏の象瀬付近で船からエビをエサにスズキ釣りをしている時に、船長が釣った108センチのスズキ1回だけ!!(化けもん…でしたバイ!!)


こういうビックサイズのシーバスの個体も珍しいのですが、これを釣り上げる場所にその日その時シーバスタックルを持っているということと、フックに掛かって取り込めるということは全く別物だとも思ったりします。


で、私はこの1メートルを超えるサイズのシーバスを落とし込み釣りで釣ったら、どんな感じなのかをイメージしてみたりもするんです。^^;


弟はランカー級のシーバスを狙うときは、10フィートクラスのシーバスロッドに、PE3号を巻いたステラの3000番と32ポンドのリーダー(フロロの8号)ぐらいを使うようなんです。


そんな弟が「メバリングロッドで60センチクラスのシーバスが掛かっても恐ろしくなるほど引くもんやね~!!」と半ば呆れていました。


私が大物を狙うときに今現在使うタックルはこちら。(笑)
GEDC1731.jpg
(メバルもチイチイフグもテナガダコもみんなこのタックルで釣り上げています。)


ロッドは、とっくに閉店になった釣具屋さんで購入した5000円程度の3・5~4・0メートルのズームの落とし込みロッド。^^;


がまかつ、ダイワ、シマノなどのブランドの落とし込み釣り用のロッドよりも、こちらがお気に入りなんです。


シマノのチヌマチックに巻いているのは、廉価品の3号のナイロンライン


でも、このタックルで60センチオーバーのシーバスやチヌを釣るからこそ釣趣があると考えています。
GEDC1699.jpg


最近あまり使わないのが対メバル用のリーサルウェポンのハンドメイドロッド
GEDC0909.jpg
こちらでも60センチオーバーのシーバスや、50センチオーバーのチヌを釣り上げてきましたが、面白いというよりも、竿が折れるんじゃないかとビクビクしていないと思いながら使っているので、最初から大物狙いの時は登板させません。^^;


このハンドメイドロッドで60センチオーバーのシーバスや50センチオーバーのチヌが釣れたのは、基本的にメバル狙いの副産物でしかないのです。


同じ魚を釣るにせよ、使うタックルで釣趣はまるで違います。


ステラと比べますと、同じシマノのリールとはいえ、オモチャみたいなドラッグ性能のこちらのリール。^^;
001_20170327204133689_20180607112829451.jpg


基本的にフリーにするか、巻き取るかの2つにひとつしか選択肢がないお粗末なドラッグ性能しかないんです。


頼りなさと危うさを感じながら釣るのもまた釣趣です。


どんな魚がきても大丈夫!!などと言うタックルで釣っていたら、面白い釣りも面白くないのではないでしょうか?

スポンサードリンク

まとめ

コメント


管理者のみに表示