2017年の釣り納めでアラカブとセイゴが釣れました!

12月21日と今日の22日は、小春日和で寒い今年の12月にしては温かい釣り日和でした。


2017年の私の個人的な釣りは今日が最後です。


今年の12月は例年と比べると、しょっぱなから寒い日ばかり・・・・・・・・。


急激な海水温の低下で、博多湾奥のどこに行ってもたいした釣果は得られるとは思えませんので、あえて冬場でも元気なアラカブをメインに釣りに行きました。


GEDC0460.jpg
少し早めの時間帯に行きましたが、日があるうちはアタリは皆無。(涙)


薄暗くなりかけてからすぐにアタリがあり釣れたのがこちらのアラカブ
GEDC0467.jpg


2017年の納竿のボウズは、なんとか免れました!!^^;


GEDC0466.jpg
薄暗くなりかけた景色を撮影すると、おかしな画像になっていました。^^;


これはこれで、なかなか味わいがあると思います。


それから同じぐらいのサイズのアラカブとミニサイズを合計3尾追加し、20センチから30センチぐらいのセイゴも4尾追加。


GEDC0470.jpg


今日は風もなく、ここ数日の寒さも一休みの状態でしたが、エサを確認するときに海水から引き揚げたアオムシを触ると、とても冷たいのです。


海水が冷えているのが分かります。


中層を狙っても、メバルの「メ」の字のアタリもありません。


博多湾の湾奥のメバルは、本当に寒い時期は行方不明になります。(笑)


どこに行ったっちゃろうか~??と思えるほどいなくなるのです。


でも、毎年のことなのであまり気にもなりません。


これからしばらくは、どの釣り場に行っても何もアタらない状況がしばしばあります。


寒いことを我慢して竿を出しても、ボウズだったりすることもあります。^^;


釣りが好きな方にとっては我慢と辛抱の時期です。


竿を出してボウズでも、ウデが云々の問題ではありません。


釣れなくても落胆することもないということです。





スポンサードリンク

まとめ

コメント


管理者のみに表示