冬の安近短の釣りに必要なものは●●と完璧なまでの防寒グッズである!

12月に入り、勤務先の後輩のG君とS君が常軌を逸したかのように、勤務後に夜釣りに行っているそうです。^^;


しかも、かなり、夜な夜な。(笑)


釣りをしない方からすれば、「こげな寒い夜に・・・なぜ彼らは北風が混じる防波堤に行くのか?」と驚くやら、呆れるはずだと思います。(爆)


いや、釣りが好きな連中でさえも、「こげな寒い夜に釣りに行くのは・・・やめとこう!!」と思うはずです。


しかも、スマホから送られてきた画像を見ますと、なかなかやるな~!!と、歓心する次第なのです。


image1 (1)
G君が釣ったメイタは37センチと30センチ。


image2.jpg
G君が寒さに震えながら釣ったアラカブ。


image1 (3)
S君が釣ったメバルは21センチだったそうです。


image1.jpg
G君の冬の釣りものらしい釣果。^^;


このクソ寒い夜に夜な夜な防波堤に出かけて安近短の釣りをすることに感心させられてしまいます。


勤務後に真夜中の2時ぐらいまで釣りをして、翌日の休みの日にも午前中に釣り場にいることにサプライズ!!


まさに、アンビリーバブルな二人です。


「冬の安近短の釣りに必要なものは●●と完璧なまでの防寒グッズである!」とタイトルを付けましたが、●●は何だと思いますか?

暖房?・・・ん、なわけないよな~!

めし?・・・クソ寒い防波堤でめしを食ってもどうなんでしょう?

お金?・・・寒い防波堤で、お金など役に立たん!

根性?・・・今更巨人の星か?

執念?・・・少し怖い!

食欲?・・・魚屋さんに行ったほうが早い。

情熱?・・・これにしておこう!!

「冬の安近短の釣りに必要なものは情熱と完璧なまでの防寒グッズである!」ということにします。


G君とS君の場合は「食欲からくる情熱」なのだそうですが、釣ったらとりあえず何でも食べる!!をモットーに夜な夜な野外活動を繰り広げているそうです。^^;


恐るべし!!

スポンサードリンク

まとめ

コメント


管理者のみに表示