東浜の砂山付近でセイゴに悩まされながらどうにか釣れたメバル

岩デコは50グラム買うと、マジで100匹ぐらいいるんじゃないか?というほどたくさんいます。
GEDC0335.jpg
アオムシよりも若干高いのですが、キス釣りとメバル釣りには抜群の威力を発揮してくれる頼もしいエサなんですが・・・。


東浜の砂山付近のポイントに行き一番最初に釣れたのがこちら。
GEDC0345.jpg
長浜で釣れたチビメバルよりも更に小さな5センチぐらいのメバル。(涙)


11月の下旬にしてこのサイズの「チビメバルの発生」はこれまでのメバルのパターンとは明らかに違ったパターンです。


クネクネ・・と動き回る岩デコをチョン掛けにしてメバルにアピールするのが災いしてかそれからは25センチぐらいのセイゴが立て続けに10匹ほど釣れ、その8割がハリを喉の奥まで飲み込んでいる有様。
GEDC0350.jpg
ハリを外すのが面倒この上ありません。(涙)


GEDC0349.jpg
作戦を変えて底付近を狙うとキスやハゼが食ってきます。(涙)
GEDC0354.jpg


やっぱここにもメバルがおらんか~!!と諦めていた中、海面から3ピロ半ぐらいの付近でこれまでと違うアタリがあり、じっくりと食わせて合わせました。


明らかにセイゴではありませんし、キビレやメイタでもタケノコメバルでもない引き方。


ここへ来てやっとの1匹。
GEDC0347.jpg
22センチぐらいです。


それから再びセイゴの猛攻に会いながらなんとか、もう1匹20センチ程度のメバルを追加。
GEDC0346.jpg


GEDC0353.jpg
たまにホシスズキのチビちゃんが掛かります。


8時半になり納竿。
GEDC0355.jpg


この東浜の砂山付近のポイントは靴が砂だらけになるのが難点。
GEDC0356.jpg


昨年アマゾンで購入したムーンスターの防水ブーツは、多少の水たまりなんかに足を踏み入れても中まで浸水しないスグレモノですが、砂まみれは避けられません。^^;


このポイントに行った後は、車に乗り込む前に濡れたタオルで靴底付近の砂を拭き取らないと、運転席の足元が砂だらけになります。


なので、ここへ来るのはあんまり気が進まないのですけど・・。


今日は一貫して0.8号のハリスで臨んだので、デカバンのチヌが来なくて助かりました。^^;


真っ暗な中で仕掛けを作り直すのは、老眼と近眼と乱視が入った私には結構つらい作業です。


急激な水温低下で、チャリコ、キビレ、メイタなどのブリーム族がいなくなったのが嬉しいやら、悲しいやら。












スポンサードリンク

まとめ

コメント


管理者のみに表示