一番寒い時期に釣りをする方にリスペクト!

つい数日前に「今シーズン最強の寒波が到来」とのニュースを見ました。


関東以北では、博多に住んでいる私たちが一度も経験したことがない豪雪に悩まされているようでございます。


我が家のベランダのバケツの水も凍っていました。


GEDC5898.jpg



「雪の重みで家が倒壊する」など・・・、考えた事・・・ありますか?


考えたことは、ないはずです。


せいぜい、明日の朝に雪が積もったら、通勤はどうする?ぐらいしか考えられません。


自慢じゃないですが、私は50代半ばになるまで、クルマのタイヤにチェーンを巻いたことすらないのです。^^;


雪が積もった日はクルマを極力使いません


そうは申しても、過去にクルマを使わないといけない状況が何度かあり、
路面凍結でクルマがスリップしたり、
下り坂でセルシオにぶつかる寸前でクルマが止まった記憶が焼きついています。


以来、「雪が降る日は絶対にクルマに乗らない!!」と、決めました。


しかも、福岡市内は九州縦貫道が通行止めで大渋滞です。


短気な私には堪えられない状況です


信号が変わってもクルマが進まないような状況は個人的には、許せないほど大嫌いです。


窓を開けて、「なんで、こげんチンタラ、チンタラ・・・しとるんや~!!」などと独り事を言ってしまいます。


状況を把握していても・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・です。^^;


「チンタラ、チンタラ走りやがって!・・・シャンシャン飛ばさんか~!!」などと、クルマの中で吠えているのです。


いやはや、冬はいやです


基本的に楽天家でルーズな私は冬が大嫌いです。


まずは何枚もの服を重ね着することの煩わしさ!!!!
(たまりません!!)^^;


ところが、カミサンは冬が好きで、夏が大嫌いです!!


いくら脱いでも、ムシャクシャ・・するのだそうです。


冬は重ね着すれば良いけど、夏は脱いでも汗が落ちるから・・・、嫌い・・だと。


冬が好きな方の多くはそう言います


私には全く理解できないのです。


冬はすべてのものが、眠っているか、死んでいるようにしか、思えないのです。


エネルギーをまるで感じません


しかし、このような激寒期にも花を咲かせる植物がベランダにあります。


GEDC5900.jpg


シャコバサボテンですか?


僅かな株なのに、この時期に花を咲かせます。


しかも、美しい!!


自然の不思議です。


そんな花を見た後で、箱崎埠頭に行きました。


GEDC5907.jpg


いつもの場所で、いつもの方が竿を出していました。


更に、箱崎埠頭の先端では多くもないのですが、祝日と言うこともあって、何人かの釣り人が竿を出していました。


GEDC5908.jpg



それにしても、ほとんどの方は1本竿で投げ釣りをしています。


謙虚なのか、やる気がないのか、疑心暗鬼なのか??


投げ釣りを真剣にするのでしたら、最低3本ぐらいは当たり前ですし、
昔カレイやアイナメが釣れていたときは、ありったけの竿を出した経験があります。


遠くにいるのか??
近くにいるのか?
その中間?
も、分らないで、竿1本とは!!


ですが、こういう釣り人は竿を出すだけで、半分以上どころか90%ぐらいを満足しているはずです。


釣れる・釣れないは別として。


こんな寒さの中でも、竿を出す方に過去の自分をダブらせて、改めてリスペクト致します。


釣れている気配は皆無でしたが、このようなときに竿を出す方が基本的に大好きです。














スポンサードリンク

まとめ

コメント

こんにちは。
昨日の夜、私は箱崎のバナナ埠頭でセイゴを狙ってjazzfishさんのを参考に置き竿釣法をしてました。当たりがあるもののなかなか乗らずに餌を小さくしたりしてたんですが、それがメバルでした!下手くそなので小メバル1匹だけでしたがメバルが釣れたのが嬉しくて、今度は狙って釣りたいんですがメバルはどういう釣り方が一番いいのでしょうか?もし宜しければ教えてください!笑
Re: タイトルなし
> こんにちは。
> 昨日の夜、私は箱崎のバナナ埠頭でセイゴを狙ってjazzfishさんのを参考に置き竿釣法をしてました。当たりがあるもののなかなか乗らずに餌を小さくしたりしてたんですが、それがメバルでした!下手くそなので小メバル1匹だけでしたがメバルが釣れたのが嬉しくて、今度は狙って釣りたいんですがメバルはどういう釣り方が一番いいのでしょうか?もし宜しければ教えてください!笑



返事が遅れてすみません。

「箱崎のバナナ埠頭」でメバルが釣れただけでも凄い!と、思います。


2年前までは良く釣れていたんですけどね。


そのときの釣り方は、胴付き仕掛けで海底までオモリを落として際を狙うパターン。


もしくは落とし込み釣りで海面から1ヒロ付近を狙い撃ちでガンガン釣れていました。



サビキ釣りのスキンを前部切って、エサをつけるのも面白いかもしれません。



落とし込み釣りにつきましては、まだまだ完成には程遠いのですが、こちらのサイトをご覧下さい。
http://anglerparadise.net/hakatawan-otosikomituri/



寒さと海に落ちないように気をつけてください。


また、お便りお待ちしています。



管理者のみに表示