先輩のお通夜の翌日に博多湾湾奥メバル探査!

今年の6月に北九州市の八幡西区の先輩宅で勤務先の「ジジイばかりの宴会」をやって、その時から先輩の体の調子がよろしくなく、9月半ばに先輩宅にお見舞いに行ったのですが、日を追うごとに体調がよろしくなく、緊急入院されて11月4日の未明に他界されました。


この日は、私の息子の誕生日でもあります。


思えば、先輩とは30代の頃からよく釣りを兼ねた旅行に一緒に行きました。


天草の倉岳町の民宿に泊まってタイ釣りを何度もしましたし、宗像大島の民宿に泊まりアラカブやタカバなどをよく釣りましたし、芦屋沖でキス釣りもやりました・・・。


一緒に泊りがけで飲んだことも多々ありました。


一緒に「楽しい思い出」を積み重ねてきたことが思い出されます。


先輩は釣りには詳しくなく、自分で仕掛けを作ったりできないので、私が横で仕掛けをセットして「釣り指南」をしていたんですが、どちらかというと先輩のほうが大物を釣った記憶があります。^^;


公私ともにいろいろとお世話になりました。


面倒見の良い親分肌の先輩で、勤務先の宴会では北島三郎さんの「祭り」が十八番でした。


先輩の「祭り」も聞けないし、一緒に釣りに行くこともできないかと思うと、通夜の帰りの三号線の運転中に涙で前方が見えなくなりました。


享年63歳


寿命は80歳が当たり前で、政府は100歳まで生きるような計画を立ている昨今で、あまりに早すぎる死去です。


一昨年からワザとボケたフリをして、「お前の還暦祝いをせんといけんけんのう!!」と、私の年齢を気遣ってくださってもいました。


・・・・、ご長男も同じ勤務先で頑張っていて、彼の結婚式の日にちが私の誕生日だったことで鮮明に覚えています。


現在の勤務先に勤めて32年になりますが、私にとっては今となっては数少ない先輩でした。


言葉だけでご冥福をお祈りするなんて月並みなことはしたくないので、行きつけの神社で手を合わせました。
GEDC0244.jpg


毎月行く神社で、今月手を合わせてお参りしたのは一点のみです。


「たくさんの楽しい思い出をありがとうございました!!」とだけ、先輩の顔を思い浮かべながら手を合わせました。


湿っぽい話は、ここいらでやめます!!


通夜に行った翌日の今日は、博多湾湾奥メバル探査に出向きました。


場所はこの方がいるところです。(笑)
GEDC0255.jpg
博多湾フェチであればここが分かるかも?


しかも今日は30年近く前によく使っていたダイワの落とし込み竿を使いました。
GEDC0253.jpg
やはり、使いたくない竿です!!^^;


夕方のド干潮からの切り返しを狙ったんですが、食いが激渋!!


丹念に底から水深1メートルぐらいを探った結果がこのザマ!!
GEDC0256.jpg


GEDC0257.jpg
離れたポイントで40センチオーバーのセイゴがかかりましたが、まるっきりテンションが上がりませんでした。^^;
GEDC0259.jpg


今日もメバルには出会えませんでした。(涙)


GEDC0260.jpg
バッカンに入れておいたお魚さんたちの写真撮影をしてリリース。
GEDC0262.jpg


激渋なアタリの中、ボウズにならんでよかった!!という程度のものでした。^^;



途中から雨が降ってきましたので、濡れながらしばらく竿を握っていたんですけ、本命のメバルには出会えませんでした。


狙うタイミングと釣る時間・釣る場所が自分でもズレているような気がいたします。

スポンサードリンク

まとめ

コメント


管理者のみに表示