近場釣り師は釣りバリフェチ!!??

私はかなり以前から釣りバリをあれこれといろいろ使ってみるのがある意味趣味となっています。^^;


この魚にはこのハリ!と断言できるものを探し求めているんですが、探求するほどに迷路に迷い込んでしまいがちです。


過日100円ショップでハリを入れるのに良いケースを発見して、少し小洒落たシールなんぞ貼ってオンリーワンのケースとしました。(笑)


GEDC0198.jpg
(トランペットとサックスがアイデンティティです。)^^;


中は、こげんなっちょります。
GEDC0199.jpg


この中に入れてあるハリのラインナップは、

・ハゲ6号
・ムツ8号
・プロ用カニチヌ4号
・エビカニチヌ3号
・根魚11号
・ピチピチメバル10号
・早技9号
・アラカブ金太郎8号
・マス7・5号

…などといったキワモノばかりです。^^;


通常使われるチヌバリ、丸セイゴ、流線バリ、袖型、ヤマメバリ、伊勢尼、アブミ、グレバリ、メバルバリなどは他のケースに収納しています。


ハリは唯一魚と触れる道具ですので、掛かりの良さだけではなく、狙う魚に応じた耐久性が問題視されます。


あるメーカーのヤマメバリが好きになり良く使っていましたが、40センチを超えるチヌや50センチを超えるフッコが掛かると必ずハリが曲がってバレるのです。^^;


ですが、メバル狙いには申し分ない掛かりの良さです。


問題なのはメバルを主とするか、チヌやフッコを主とするかですが、釣り場の状況いかんでそれを選べるほど簡単ではありません。


また、25センチ前後のセイゴがハリを飲み込むために何とかならないものか?と思ってもいます。


私はアオムシを使うことがほとんどなので、アワセをかなり遅らせているんですが、そのことでハリを飲み込まれることを承知の上でタイミングをずらしています。^^;


遅いアワセでもハリが飲み込まれないようにする腕前を残念ながら習得しておりません。


というより、魚たちの活性が低いときは遅いアワセでもクチビルすれすれ…の時もあります。


魚の種類や大きさに応じて、ハリが掛かる位置が自分の思い通りになれば、手返しももっと早くなりますし、魚を傷めることも少なくなります。


50年も釣りをしていてハリが掛かる位置をコントロールできないがためにハリフェチに陥ってもいます。


ハリとアワセを入れるタイミングがいくつになってもまだまだです。(涙)


GEDC0200.jpg


ですが、釣りは全く思い通りにならないから面白いとも言えます。


釣りたい魚が全く釣れずに、どうでもよい魚ばかりが釣れるなんてことが日常茶飯事。


多くの魚がちょろちょろしている中、ある特定の魚だけを狙いすまして思うような位置にハリ掛かりさせるような腕前を残念ながら持ち合わせていないために釣り場を散策しているとも言えます。


魚をハリに掛けるのはやはり難しい!!


スポンサードリンク

まとめ

コメント


管理者のみに表示