台風22号の猛烈な吹き返しの中、バカは箱崎埠頭に釣りに出掛けた!

今日は一日中妙な天気でした。


午前中は強い雨で、だんだん雨が収まり、晴れ間が見えてきたかと思ったらかなりの強風


そのうち収まるのでは?と思いつつ箱崎埠頭に行きましたが、私が到着した頃は既に真っ暗で、先ほどよりも強い風が吹き荒れており、釣りをしていた方々がすでに納竿してクルマに向かっていました。^^;


日本シリーズ第2戦もあるし、ご家庭でハロウィンパーティをする方がいるかもしれません。


釣り場に立つと、台風の時よりも物凄い突風が吹き荒れ、竿を持つのがやっと・・・。


海はうねり、波しぶきが容赦なく上がっています。^^;


海を見渡しますと、思わず・・・・おい!おい!と唸ってしまいました。


釣り歴50余年の私の釣り人生の中でも、屈指の最悪のワーストコンディションではないか?と思いました。


まともな釣り人は、このような状態では竿を出すことはしないはずですが、「まともではない私」はこういう異常事態が案外好きなんです。^^;


案外お魚くんたちの活性が高く、うねっているにも関わらずアタリがあるのです。


最初に釣ったのは、手のひらに尻尾が付いたぐらいの25センチほどのクロ


写真を撮ろうとしたんですが、クルマの中のバッグに忘れてきたことに気づきました。


あまりの強風にデジカメすら忘れるとは!!


ですが、クルマまでの距離がかなりあり、撮影しないまま釣り続けました。


次は当歳セイゴ


その次は先ほどよりはかなり小さなクロ


その次は2歳魚のメイタ


そうこうしているうちに、竿先を絞り込む鈍いアタリが!!


アワセますと、海底を沖に向かって走り回った挙句に穴の中に潜り込み、得意な回収法も実らずにバラしてしまいました。


チヌでも、キビレでもないかなり大型の魚であることは間違いありませんが、クロでもセイゴでもないのです。^^;


ここで、アドレナリン、ドーパミン、テストステロンがかなり分泌されて、久しぶりに「やる気モード」になりました。


得体のしれない魚に勝手気ままに主導権を握られるとは!!


ですが、釣れるのはクロだったり、メイタだったり、チャリコだったり、嬉しいことにメバルだったり・・・。


でも、先ほど穴の中に潜り込んでバレた魚は、こんな雑魚どもではないのです。


そうこうしているうちにうねりが高くなり、釣っている足場に波がかぶるようになりました。


釣りなど…している場合では・・ありません!!


これ以上ここで釣り続けるのは無謀であると感じて、この場をシブシブ去ることにしました。(涙)


次に箱崎バナナに行きましたがここも最悪。


次に中央埠頭の御笠川沿いに行きますと、船が2隻停泊しており、釣る場所がありませんので、チップヤード付近で竿を出しました。


中層ではアタリがなく、底付近でアタったのがこちらのメイタ。
GEDC0189.jpg
(すぐにリリース)


こいつらも底付近でアタってきます!
GEDC0191.jpg
(すぐにリリース!)


先ほど釣ってビニールバケツに活かしておいた連中を海にリリースし、残ったのがこの方たち。
GEDC0192.jpg

GEDC0193.jpg

GEDC0194.jpg

GEDC0195.jpg


クロもリリースし、結局チャリコ2枚とメバルを久しぶりに持って帰ることにして、納竿。


相変わらず、強風が吹き荒れています。


穴の中に潜り込んでバラした魚のことが気になります。


また、チャレンジしますけど・・・。


それにしても、竿をまともに握れないほどの強風は久々でした。^^;


良識ある釣り人、良い子の皆さんは、釣りバカクソ爺の真似をしないようにしてください。


















スポンサードリンク

まとめ

コメント


管理者のみに表示