メイタデビューを果たした会社の後輩のG君

勤務先の後輩G君と、いつもの長浜のポイントで時間を決めずに待ち合わせを致しました。


GEDC0055.jpg
先端角地でルアーロッドを振っている方とは、前々回の釣行の時もお会いしました。


ボラの子の大群がウジャウジャいて、時折ボラやアジが飛び跳ねており、シーバスも飛び跳ねています。


なぶらが出来ては、小魚が逃げ惑う光景が目の前で繰り広げられています。


暗くなるまでヒマなので、私もルアーを投げることにしました。
・メタルバイブレーション
・ラパラのCD
・ラパラのジョイントのレッドヘッド
・ギアラボのショアフィリップ
・ジグヘッド+ワーム
…などを試しましたが、ごく手前でカマスのようなバイトが2度だけ!


カマス狙いに小さなメタルジグも投げましたが、ノーバイト。^^;



周囲の人たちもノーバイト。



真っ暗にならないうちにルアータックルを片付けて、ここからが私の本番!とばかり、アオムシを付けていつものポイントでタナを変えたり、スライド釣法で探りますが、まるでアタリがありません。



暗くなってもアタリはなく、野良猫が「無様な老いぼれ釣り師」を監視しています。
MPcU_qmsp5bEv_b1507478133_1507478330.jpg



場所を移動し、長浜市場に近いところを探っているとG君が来ましたが、それまでアタリは皆無。



思い切ってタナを3ヒロよりも深くするとセイゴらしきアタリが時折あるんですが、ハリには掛かりません。



食いが渋すぎます!



釣った魚を自分でさばいて食べているというG君に何か釣らねば!という焦る気持ちを抑えていつも通り釣っていますと、いつもの場所で鈍いアタリがあり、竿先を送り込んでアワセますと、竿が一気に曲がりました。



大きくもないけど、小さくもない引き具合です。



タモで掬うと、40センチあるかないかぐらいのキビレ
GEDC0059.jpg


とりあえずはG君へのお土産が確保できて一安心ですが、アタリは続かずもう二人会社の後輩たちがいる須崎埠頭の荒津大橋の下の角地に向かいました。


彼らも何にも釣れていなく、ちょうど場所を変えようとしていたところでした。


一緒に須崎埠頭の東側の水銀灯があるポイントに向かったのですが、家族連れの先客がいまして、小物であれば数が釣れるであろう東浜の船溜まりに行くことにしました。


どんな魚が釣れるのかを検証するべく、私が20センチぐらいのセイゴや2歳魚のキビレを釣った時点で私の役目は終わったと思ったのです。


この場所で、私が本気モードでビシバシ釣っても意味がありません。


そうこうしているうちにG君がメイタデビューを果たしました。
GEDC0061.jpg


キビレかな?と、思いきや2歳魚のメイタです。
GEDC0062.jpg



この前後にG君はこのサイズぐらいのセイゴを何匹か釣り上げていました。
GEDC0064.jpg


さらにG君が2歳魚のキビレも追加してしばらく経った時点で、私は後輩3人を残して帰宅することにしました。



彼らは帰宅して魚をさばくみたいです。



本来的には、釣った魚は食べるのが釣り人としてあるべき姿だと思います。



私のようにメバルと限られた魚種以外はお持ち帰りしない釣り人は、よろしくありません。



分かっちゃいるけど、若い頃に釣り魚料理をさんざんやったので、妻が苦にならない程度の魚しか持ち帰らないようになったのです。



それはともかく、G君が2歳魚ですけどメイタデビューを果たせて良かった。

















スポンサードリンク

まとめ

コメント


管理者のみに表示