フナムシをエサにキビレとセイゴとマダイの子を釣ったバカの顛末

最近は長浜のポイントばかり行っていますが、私がよく行くポイントの一つが中央埠頭の御笠川沿いのポイントです。


クルマが横付けできるので、いつも誰かが竿を出すポイントです。^^;


自宅を出たのが夕方の6時15分ごろで、「9時までに帰るけん!!」と、妻に約束した手前釣れる時間はおよそ1時間半ぐらい。^^;


3153.jpg
前回の残りのアオムシが20グラム程度。(苦笑)


ハリとハリスを太めにして、アラカブと●●●を狙っていたら、アイツらにエサを齧られてあっと言う間にエサが底を尽きました。(涙)



仕方ないので、LEDライトを照らして防波堤の際を照らすと、1.5センチから2センチぐらいのフナムシが案外いるではありませんか!!


しかも、昼間と違って結構簡単に採れるので、ハリをピチピチメバル9号に替えてフナムシをエサにして探ることにしました。
3157.jpg


すると、マダイの子であるとチャーリーが、ほぼ入れ食い。^^;


15センチぐらいと小さいくせに、3ピロぐらいで掛かると、案外引いてくれます。(苦笑)



2歳魚のキビレもフナムシに掛かりました。
3161.jpg



25センチ程度のチビセイゴもフナムシで釣れました。
3162.jpg



でも、本当の目的はこの魚たちじゃ~なかったはず!と我にかえった私は魚たちを入れたバッカンを覗き込みました。
3165.jpg


ハリを飲み込んで既に死んでいる1匹を100円ショップで購入したセラミックのナイフで三枚卸にし、万能バサミで短冊形に切り、ハリに刺してアラカブと●●●を狙うことにしたんです。
3158.jpg


チャリコの身を小さくすると、アタリがあり、釣れるのはやはりチャリコたち。


短冊形の切り身は結局アタリがないまま納竿。


でも、フナムシをエサに結構楽しめました。^^;


PS
フナムシをムキに追いかけて壁面に逃げたフナムシを無理して捕まえようとしますと、海に落ちそうになります。^^;


無理しなくても、かなりいますので諦めましょう!!


若い諸君へ、
女性とフナムシは深追い禁物ですぞ~!!








スポンサードリンク

まとめ

コメント


管理者のみに表示