博多湾の湾奥の岸壁は魚肉ソーセージでも釣れるマダイの幼魚のゆりかごと化した!疎

日曜日の今日、夕方から久しぶりに箱崎バナナに行ってみることにしました。


その前に、勤務先の先輩が大変な病気に罹っているので、日吉神社に行って手を合わせました。


002_20170827214201279.jpg

30年来公私共にお世話になっている先輩なので、とても心配です。


004_2017082721420277f.jpg


手を合わせて、先輩の快復だけをお願いいたしました。



その後、日曜日なので普段よりも車の数が少ない旧3号線をとおり、箱崎埠頭へ。



夕日がキレイです。
005_201708272142039f6.jpg


誰も釣り人がいないこの景色を眺めているだけで私は心が癒されます。
007_20170827214745340.jpg



さて、箱崎のバナナではアオムシと魚肉ソーセージをエサにいつもどおりへチを狙うことにしました。
011_20170827214208b52.jpg


魚肉ソーセージを適当な大きさに切ってハリに刺して、ゆっくりとへチを落としていきますと、ガツ・・・ガツ・・・としたせわしないアタリがあり、ハリに掛かったのはこちらのチャーリー
013_20170827214210d11.jpg


その後魚肉ソーセージでチャーリーを何匹か釣りましたが、いくら釣っても意味もないのでエサをアオムシに替えました。


ですが、やはり釣れるのはこちら。
014_2017082722094065c.jpg


そうこうしていると、150メートルぐらい先に、こちらに向ってくるKさんの姿が!!


慌てて、クルマのエンジンをかけ、後部座席の窓に竿を入れ込んで、その場を立ち去り、ビートルの停泊場所に向いました。(苦笑)
008_2017082721420485a.jpg


別にKさんが嫌いなわけではなく、酔っ払ってずっとカラまれて釣りにならないので、正直、逃げました。(爆)


私がへチでイトを垂らしていると、すぐ傍まで来て話しかけるので、マジで海に落ちそうになるんです。^^;


ここで竿を出すと、やはり釣れるのはこちら。
015_201708272142126ec.jpg


仕掛けをどこに投げても、どこに落としても、チャーリーばっか!!016_20170827214213df4.jpg



ここもすぐ諦めてバナナの奥の潮井浜橋沿いのポイントに向いました。
010_20170827214251eab.jpg



でも、ここでもコイツらが入れ食いです。
012_201708272142095ed.jpg


どこに行っても、どのタナでも釣れるのはチャーリーばっか・・・・!!


博多湾の湾奥のへチはマダイの幼魚だらけと化しています。


小さいくせにアタリが大きく、ガツガツ・・・と下品極まりないアタリ方をします。


キビレメイタやメイタの小さなものも同じように下品なアタリ方をしますが、小さい時はどんな魚も怖いもの知らずでガツガツとエサを食べるようです。^^;


チャーリーたちが滞在しているしばらくは、釣りになりそうにもありません。(涙)



博多湾の湾奥の岸壁は、マダイの幼魚であるチャーリーたちのゆりかごと化しています。



チャーリー以外何も釣れませんでした。^^;



けしからんアイツらが沖に向うまで、博多湾の岸壁では虫エサは禁物な様です。



早く沖に戻ってもらいたいものです。













スポンサードリンク

まとめ

コメント


管理者のみに表示