異常海水温が懸念される博多湾の湾奥

車が傍に止めることができるので、今日もここで竿を出してみました。


001_2017081108152380b.jpg


良い眺めの中、夕陽を浴びながら仕掛けを作っていますと、対岸から黒煙異臭が!!

006_20170811081530333.jpg

火事なのでは?と思いつつしばらく眺めていました。


007_201708110815310e0.jpg


しばらくすると、消防車のサイレンの音がしましたが、火が上がった現場まで入ることもなく、いつの間にか鎮火したようで、恐らくは近隣住民の方が心配されて消防署に通報したと推察いたします。


黒煙と異臭が収まったところで竿を出しました。


004_2017081108152757e.jpg

案外距離のあるこちらのへチでは、これまで1匹の魚も釣れたためしがありません。(涙)


福岡港の船溜まりの入り口に位置するので、何かいてもよさそうなんですが、恐ろしいほど何もいません。^^;


今日もやっぱり何もいませんでした!!


002_201708110815255b5.jpg


こちらの先端付近の海底付近ではこちらが入れ食い。
005_20170811081528985.jpg


小さなくせしてアタリだけはデカイ・・・チャーリーです。(笑)


その後もチャーリー・・・ばっか!!


タナを上げてもガンガン食ってきて、エサを容赦なく食ってくれます。


003_201708110815258b2.jpg


本命ポイントを薄暗くなってから探ってみましたが、ここも恐ろしいほどアタリが皆無!!


台風5号が来なかったために、煮えたぎった湾奥の海表層が攪拌されることもなく、ヌル風呂状態になっているようにも思えます。


竿出しから20分でこの場を断念し、東浜の船溜まりに向いました。


でも、一投目から釣れるのは例によってこの方たちばかり・・・・。
009_20170811081533e55.jpg


たまに2歳魚も混じりますが、手の平程度のキビレは竿を大きく曲げてはくれません。
011_201708110815342c8.jpg



中層前打ちならぬタナを1メートルぐらいで表層前打ちをすると、アジゴと見間違うようなセイゴばかりが・・・!!



ある程度大きな魚たちはどこか避暑地に行っているようで、ここでもすぐに納竿。



どこに行ってもやんちゃなチビッ子の魚ばかり・・・です。^^;



チビッ子はぬるま湯のようなビニールプールの中で遊ぶのが大好きですからね~!







スポンサードリンク

まとめ

コメント


管理者のみに表示