福岡造船の前のポイントは「ノラ猫のコロニー」だった!!(笑)

いつも何かが釣れると分ると、途端にそこに行きたくなくなるのが「釣り師の性分」ではないでしょうか?


そんことないよ~!! 竿を出せば何かが釣れるところに行きたいよ~!!」と言う方もおられるかもしれませんが、私はすぐに次の類似した場所に行きたがるクセがあります。


良く言えば好奇心旺盛で、悪い言葉を使うと浮●性なのかもしれません。^^;


と言うことで、最近良く行く長浜界隈のポイントの対岸の福岡造船があるところに行ってみました。

102.jpg
(正面に見えるのが最近私が竿を出すところです)


この風景が個人的には大好きです。
103.jpg


ここは以前にも記事にしたことがあるのですが、やたらとノラ猫が多いところです。


しかも、戦略的に釣り人に媚を売ることに慣れているノラ猫ばかりなんです。(苦笑)


私が竿にリールを取り付けて、仕掛けを作っていると、どこからともなくノラ猫が近くに寄ってきて、私のほうを見て、お腹を上にして勝手にグルングルンと寝返りをうっています。


動物の服従のポーズです。^^;


そうかと思うと、「俺たち基本的にあんたの釣りなど興味ないもんねっ!」と知らんプリしている態度がシラジラシイ。^^;


104.jpg



釣る前から、俺におねだり・・・するか??」などと苦笑いしながら竿を出しましたが、あいにく上げの1分~2分ぐらいでアタリらしいアタリも全くありません。^^;


あまりのアタリのなさに私もイラついていると、2匹のお腹が大きな猫が、「はよ~、釣らんね~!!待っと~とよ~!!」みたいな眼差しで私を見ています。
lB5DT8Vl.png
(恐らく、この2匹のノラ猫はお腹に赤ちゃんがいると思われます)



でも、なんもアタリがないので、この場所を10分も経たずに諦めて、私に期待してくださったノラ猫ちゃんたちに「すまんけんど、今度ねっ!」と詫びてその場を去りました。^^;


いつもの場所で、竿を出して10分ぐらいへチを歩くと、竿先にアタリがあり、徹底的に遅アワセに徹してじっくりと食い込ませて竿を跳ね上げますと、猛スピードで沖に走る魚が掛かりました。


途中でかなり強烈な引きをしますが、ドラックをONやOFFにしながら近くに寄せると、案の定ソコソコの型のメイタです。


でも、タモは20メートルほど離れた場所に置きっぱなし!^^;


バレても惜しくもなんともないサイズのメイタですから、ドラックをフリーにして、タモがあるところまで歩いて行き、タモを担いリールを巻きながら寄せて掬いました。
107.jpg


35センチぐらいのメイタです。



それから10分ぐらいアタリがなくイライラしていると、竿先を曲げるアタリが再び。



こちらは前回よりも良く引いてくれて、途中何度かイトを出す場面がありましたが、釣り上げて見ると、たいしたサイズではないチヌ。


113_20170715001300b85.jpg


ちょうど40センチぐらいかな??


2匹目を釣ったところで9時ぐらいになったので納竿。
109.jpg


写真を撮ってリリース


この場所に例の人懐こいノラ猫ちゃんたちがいれば、喜んでくれたんでしょうが、誰も喜んでくれないので、リリースです。^^;


前々回釣れたメイタよりも2匹ともサイズアップでした。


夏メバル・・・どこに、いったんでしょうか?????



スポンサードリンク

まとめ

コメント


管理者のみに表示