カサゴのオリーブオイル焼き

カサゴって何?という生粋の博多生まれで、博多育ちの方もおられるかも知れません。


gedc6110_201703192339230d4_20170713091104893.jpg



カサゴと言うのは、アラカブの学名と言うか正式名なんです。


釣りをするしないに拘わらず、博多の方の多くは、アラカブという俗語・スラング・方言が学名及び正式名称だと思っている方が多いように感じます。^^;


それほどまでにアラカブと言う名前は博多では一般的であると言うことです。(笑)


カサゴは大分ではホゴと呼ばれ、熊本の天草あたりではガラカブと呼ばれています。


さてアラカブの料理法と言えば、すぐに思い浮かべるのがお煮つけではないかと思いますが、我が家ではアラカブに限らずメバルなども普通に塩焼きだとか、酒蒸しなどをしますし、塩・胡椒をしてオリーブオイルで焼いたシンプルな料理法を妻が良くしてくれます。


基本的に夫婦揃って魚が好きですから、臭みを消すためにバジルソースやレモンペッパーオイルなどをかけて焼けばどんな魚も美味しく食べれることは知っていても、魚本来の味がそこなわれるために、なるべく手をかけずにシンプルな調理法によるものが多いのです。


前回の釣行でたまたま釣れたアラカブを妻がオリーブオイル焼きにしてくれました。
017_20170709222701d4a.jpg

004_201707130856519f5.jpg

005_20170713085652d9e.jpg


身がプリプリ・・・していて、頬の肉や下唇の僅かな肉、目の玉の裏の僅かな肉まで美味しく食べれました。


ついでにアジも!
014_20170709222652dfc.jpg

006_20170713085653573.jpg


アジはどんな料理法でも美味しい魚です。


アジを漢字で書くととなりますが、年に3回旬の旨い時期があることから魚偏に参が付いたとの記憶があります。


また、味が良いことからアジと呼ばれるようになったらしいのです。(本当かなぁ~?)


今日も夕方から散歩がてら最近良く行く釣り場で竿を出してみます。



下り中潮でどんな魚と出会えるのかが楽しみです。

スポンサードリンク

まとめ

コメント


管理者のみに表示