夏メバルと20センチオーバーのアジを釣りに行きました!

一昨日たまたま釣れた夏メバルを釣るべく、一昨日買ったアオムシの残りを持って夏メバルポイントに直行。


夏メバルポイントに到着したのが7時前で、まだ明るいので早速アジを釣る仕掛けを作ることにしました。


基本面倒くさがり屋なので、落とし込み釣り仕掛けを作ってある部分を交換するだけでウキ釣りになるパーツを自作しました。^^;


普段はケミホタルミニに付いている透明のビニールパイプを4分の1にカットした物をミチイトに通してケミホタルを止めて目印代わりにしています。
007_20170709222650b6c.jpg


周囲が薄暗くなったらケミを折って、暗闇でも見えるようにしています。



当然ながら、ケミホタルミニの使い古しが増えますから、これにウキを留めるスナップをナイロン糸で固定し、瞬間強力接着剤を塗布したパーツを作りました。
008_20170709222651374.jpg



要は固定式なんですが、スナップでウキの輪を留めることで、落とし込み釣りの仕掛けがウキ釣り仕掛けにすぐに早変わりするという自作パーツです。


013_20170709225017084.jpg


早速ハリにアオムシの細い部分を4センチほどの長さで刺してアタリを待ちますが、何もアタらん!!(涙)



そうこうしているうちに対岸に壱岐からのフェリーが入港して来ました。
016_20170709222658aac.jpg


タナは2ヒロにしました。



短気な私は、すぐに竿を引っ張ってウキをずらして誘いをかけました。



すると程なく、ウキが海中にズバ~っと消えて行きまして、アワセますと、落とし込みの竿が曲がる、曲がる!



左右、上下に走り回るスピードは面白いったら、ありゃしない!!


釣れ上がったのは20センチちょいのアジ
014_20170709222652dfc.jpg
(私の親指と小指の間隔が20センチぐらいです


010_2017070922265463b.jpg



こんな小さなアジがウキを消しこんで縦横無尽に走り回るとは!!



それから同じように誘いをかける釣りパターンで、10センチぐらいのアジゴやコイツまで釣れました。(笑)
012_20170709222657758.jpg


011_20170709222655aec.jpg


その後に20センチクラスのアジが釣れたところで、この釣りを終了し、ウキを外していつもの落とし込み釣りにチェンジです。



太目のアオムシをハリに刺して、前回メバルやメイタが釣れたポイントを探りますが、まるでアタリなし!!(涙)



結局どん詰まりのこの地点まで探りましたが、ウンともスンとも魚信なし!!
018_20170709222700f80.jpg


どん詰まりから20メートルぐらい手前で自転車に乗ってこられた70代と思しきご夫婦がタモを出して、何やら掬っています。


ちょうど60センチぐらいの丸々と太ったスズキを奥さんが掬って、タモを伸ばしたまんま引き上げようとしています。^^;



タモは、魚を掬ったらタモの柄を縮めて手前に魚を寄せるのが定石なんですが、とりあえずは魚が入ったタモをブリ上げていました。


タモの中には、丸々と太ったナイスバディのスズキが入っていました。


スズキは個体差が激しい魚で、瘦せこけてお腹がペチャンコのものもいますし、丸々と太ったものもいます。


ご夫婦が共同作業で釣り上げたスズキは後者で、余程食べものに困っていないスズキだと推察されます。


スズキのタモ入れの一部始終を見終わった私は相変わらず、アタリが全くないへチを歩き続けますが、まるでアタリがありません。


1時間ほどアタリがない中、やめようと思ったときに唯一のアタリがあり、釣れたのがこちら。
017_20170709222701d4a.jpg


20センチほどのアラカブでした。


メバルのアタリも、メイタのアタリもありませんし、アジやアジゴのアタリすらなく、空が雷でピカピカしてきて、風が強くなってきましたのでここで納竿。


帰る途中瞬間ゲリラ豪雨のような雨が降りました。


クルマの中で思っていたことは、「釣り場の偶然性」についてです。


前回の釣行ではたまたまメバルやメイタや20センチオーバーのアジが釣れたために、今日再びその釣り場に行きましたが、今日のような釣り場にたまたま前回行っていたら、恐らくは何年も竿を出すことがないだろうということです。^^;


何もアタリがない、つまらん釣り場との烙印を自分勝手に押してしまう危険性があると言うことです。


たまたま行った釣り場で釣果があると、そこに通いますが、たまたま行った釣り場で釣果が思わしくないと、その釣り場に行くことはほとんどありません。


自分勝手に「ダメポイント」の烙印を押してしまうのです。


同じポイントに通う重要性を人には説いても、自分ではなかなかそれが出来ないもどかしさを改めて痛感しました。


今度は、違った潮で違った潮時で行こうと思います。






スポンサードリンク

まとめ

コメント


管理者のみに表示