2017年の世界的な水産物の不漁に対策はない!

つい先日北海道の甘エビが記録的な不漁だと言うニュースを見聞しました。


この「記録的な不漁」と言う言葉をニュースや新聞などの紙媒体でイヤになるほど拝見しました。


俺は見とらんぞ!!と言う方は、不漁かどうかに興味がない方で、釣りには興味があったとしても、水産物の水揚げ量なんて興味ないよ~!!と恐らく思っているのではないかと思います。


日々の新聞を読んで、いろいろな記事が載っていても、そもそも興味のないものの記事や広告などは自分の脳が無意識にスポイルしてしまいます。


なので、同じ新聞を読んでも、記憶に残ったり、考えさせられる内容は十人十色が当りまえです。



知らなくても全然OK!!だと思います。



私は芸能界の浮世話などまるで知りませんし、興味も全くないのですが、これまで困ったことは一度もありません。^^;



どんな可愛い売り出し中の歌手や女優さんよりも神戸港で、発見されたヒアリやアカカミアリのほうが興味があります。(笑)



神戸港と似たようなロケーションが人工島や箱崎埠頭にあるからです。


アカカミアリは死亡例がないのですが、ヒアリは北米で年間100人近くが死亡する毒を持つ殺人アリです。


こんな殺人アリが福岡市内で繁殖したら・・・たまりません。


話は、2017年の世界的な水産物の不漁でした。


世界的な水産物の不漁の原因




世界的な水産物の不漁の原因はズバリ、地球規模の異常気象によるもので2016年のエルニーニョ現象から2017年のラニーニャ現象を引き起こしているとも言われていますが、この現象を今から抑止する方法は残念ながらなくて、好まなくても甘受するしかないのです。


地球全体の気候のメカニズムが変わっているといるとも言われ、それが温暖化によるもので、原因が化石燃料によることが世界中の優秀な学者から示唆されたとしても、「クルマにも乗らない、電気を使わない生活」など、もはや出来るはずもないのです。


「分っちゃいるけど・・、やめられない!!」レベルなのです。


日本が先陣を切っていろいろなエコカーを作ってはいますが、地球規模で勘案すると「時既に遅し!」と言う気持ちになるのは私だけでしょうか?


地球人口の4分の1近くいるどこそかの国は何を今更!!とばかり、工業地帯から煙をモクモクと出し、クルマをガンガン走らせています。


それを今までやって来た先進国が避難するのはオカドチガイです。


今起きている異常気象はこれまでの先進国の負の遺産と言っても過言ではありません。



世界的な水産物の不漁に対する対策




先進国の恣意的な経済発展のために化石燃料が使われ続けてきましたが、それを踏まえても「今後化石燃料を使わないようにしろ!」という横暴な契約に発展途上国が納得するはずもありません。


どこかの国が核のボタンをちらつかせながら、核兵器削減を叫んでも納得しない国も出てくるわけです。


化石燃料は今後も枯渇するまで使い続けられるでしょうし、その燃料を巡っての利害関係が繰り広げられるのではないでしょうか?


仮に日本が水だけで走るクルマを作ったとしても、日本はもとより世界でそんなクルマを買えない人が大多数ですから、化石燃料に変わる代替エネルギーの本格稼動までには相当なタイムラグを要します。


自国主義が叫ばれる中、自分の国の国益を最優先する風潮は本音であるために長続きするとも思えます。


今年何かを作れば問題が解決するレベルでもないのです。


そうしているうちに時は経過し、更なる地球温暖化が進むのです。


トランプさんが力説してもダメですし、元々京都議定書にも批准していませんからこれからも二酸化炭素をやりっぱなし出し続けると思います。


国連の常任理事国が満場一致で可決する案でもありませんから、化石燃料をやりたい放題使う大国がある以上、どうにもならないのです。


世界の最高頭脳が結集して大気圏内のフロンガスなどを除去するだとか、中和する気体を考えて頂きたいものです。



グローバリズムと言う言葉は世界を相手取って外貨を稼ぐことみたいな意味合いにしか思えません。



それが良いのかどうかも疑問です。



本当に貿易収支の黒字が良いのですか?



諸外国から優れた品物を輸入して貿易収支が赤字になっても、国民の生活が著しく貧窮するとも思えません。



実態とはかけ離れた経済指標ばかりを捉えすぎる弊害もあるのでは?と思います。



地球規模の対策は地球規模でしなければ意味がありませんが、それをするのが困難です。



だから、対策が分っていても足並みが揃わないから出来ないのです。



海に生物がほとんどいなった時に気づいてもムダです。



化石燃料の次に世界規模の争奪戦が行われるモノは何でしょうか?



100年前の地球に住む人口は20億人ぐらいですが、今は65億人ぐらいだそうです。


急速に増え続ける人類が数億年かかって作られた地球の資源を食い潰しているような気がしませんか?


等差数列的に考えますと、これからの医療技術の発展等々を勘案しますと、向こう100年で地球の人口は200億人を超えるんじゃ~ないかと勝手な推察をします。^^;


深海魚まですべて食べ尽くすようなその先には何があるんでしょうか?











スポンサードリンク

まとめ

コメント


管理者のみに表示