竿を出さずに断念した箱崎埠頭

1月17日の土曜日は風も強く、
さすがに箱崎埠頭と言えども、
釣り人は皆無でした。

GEDC5807.jpg

GEDC5808.jpg


写真でもお分かりのように、
釣り場は強風で誰一人として、
釣り人がいませんでした。


こんな中、
釣り場に行って、
様子を見た私もかなり・・・きています。^^;


当然竿出しは断念しました


翌日の1月18日。


またしても、箱崎埠頭に向いました。


GEDC5815.jpg



博多湾きってのカレイ・アイナメポイントが立ち入り禁止になって、久しい。



昔を思いつつ、この場所を眺めていました。



いつものポイントに行きますと釣り人が投げ竿を出していました。


GEDC5823.jpg


GEDC5827.jpg


GEDC5828.jpg


釣る具から察するに、
かなりの年期がある方ですが、
何も釣れていません。


竿先にアタリすらありません



ここで竿を出しても、同じような結果になるはず。


断念しました。



次は多々良川の河口に向いました。


GEDC5829.jpg




ここに来るのは20年ぶりぐらいです。


二人の釣り人がいて、
一人が投げ釣りで25センチほどの例のセイゴを釣っていました。


ここで竿を出そう!!と思うほど、
私は自信家ではありません。



結局、ここでも釣りを断念しました。



ですが、もしかしたら夜にメバルがいるかも?と思いつつ、
その場を撤収しました。



博多湾の湾奥の冬の釣りは辛い。



スポンサードリンク

まとめ

コメント


管理者のみに表示