満月の大潮のキビレ、メイタ、フッコ

東浜の船溜まりで30センチにも満たないセイゴは満月の大潮でもアタリますが、こればかりでは・・・!!??と思って場所を移動することにしました。
006_20170609061444440.jpg


釣り場に到着したのが夜の8時15分


我が家のルールとして9時までに残り45分。(汗!)


竿を出して10分ぐらい探ると、最初に釣れたのがこちらのキビレ
007_201706100011091f4.jpg
(あまり大きく見えませんが、38センチぐらいです)



ハリがしっかり掛かっていて、それを外すとハリがねじれてひん曲がっていたんですが、とりあえずは大丈夫だろうとそのまま使って続けて3回のバラシ。^^;



おまけに釣り用のプライヤーでハリを矯正すると折れてしまって、暗闇の中でハリを結び直すハメに・・。(涙)



すぐに釣れたのがこちらの34センチほどのメイタ
009_2017061000111063c.jpg



ハリを外して、ハリにアオムシを付けて探りますと、やや深めのところでアタリがあり、アワセますと猛スピードで逃げていく魚がハリに掛かっているようです。



最初はまたしてもキビレか?と、思ったのですが、5メートルほど先でエラ洗いをする姿を見て相手が分りました。



エラ洗いしてからのパワーが素晴らしく、リールのイトを容赦なく引き出します。


ヤツの引きをのらりくらりとかわしながらタモに入れたのがこの方。
012_20170610001111bef.jpg

013_2017061000111276f.jpg

55センチほどのフッコです。


このサイズのフッコはパワーがあって、チヌなどよりもへチ釣り・脈釣りでは難敵です。


フルスピードで逃げる時にスプールからイトが出ないと、一巻の終わりです。


まだまだ釣れる気配がたっぷりで、狙う場所の30%も探っていませんが、ここで納竿し、キビレも、メイタもフッコもリリースしました。


釣ったこれらを持って帰ると妻の機嫌が悪くなりそうな塩梅。
(30年以上も一緒に暮らしていると、阿吽の呼吸で凡そが分ります)


アオムシもかなり残っているんですが、海に放流。


マジで10時ぐらいまで釣るとこれらの魚が二桁は釣れるはずですが、それをしないのも釣り師の嗜みです。


・・・にしても、満月の大潮の時にこんなにアタリがあるとは!!!!!


5月の満月の大潮の時はウロハゼやシマハゼすらアタリがなく、完膚なきまでの丸ボウズを食らいましたが、今日はまるで状況が異なりました。


月が違うといってしまえばそれまでですが、何とも整合性がありません。^^;


潮周りや月の具合に拘わらず、「釣れる時は釣れるし、釣れない時は釣れない」と言うことで、法則性を見出そうとするのが改めてバカバカしくなりました。


整合性など・・・、それを覆す要因はいくらでもあります。^^;


018_20170610001114c26.jpg


たったの3匹でしたが、久々に恐ろしいスピードでリールのスプールが逆回転するのを感じて楽しめました。


でも、狙ったメバルはいませんでした。


10月後半ぐらいまでメバル以外に遊んでもらわないといけません。^^;



これから夏に向うのに、未だにメバルを意識している私は、自分でもアホな釣り人であると思います。


いない魚を狙っていくら頑張っても釣れません。



スポンサードリンク

まとめ

コメント


管理者のみに表示