野北漁港での6月初旬の釣り

10年ぶりぐらいに糸島の野北漁港に会社の後輩と行ってみました。


030_2017060809193700e.jpg


野北漁港は随分昔春先のメバルを求めて毎週のように通った釣り場です。


現在20代、30代の方はご存知でない方も多いと思われますが、野北の大波止は以前は「切れ波止」で大洋丸が渡していたんです。^^;


20数年前に大波止が陸続きになり釣り客が増え、ここ15年ぐらいはミズイカのメッカ的存在の波止として県内はもちろん、県外の釣り人も野北漁港に訪れるようになりました。


足場もよくいろいろな釣りが楽しめるので、老若男女が入れ替わり立ち代わり訪れる釣り場です。


ですが、連日大勢の釣り人が訪れるために「狙うターゲットが釣れる確率」はそれほど高くないというのが20年以上前からの実感です。


釣具屋のミズイカ情報では1人5~6杯のミズイカが釣れるようなことが書かれていますが、1日にのべ数百人の釣り人で5~6杯ではないかと言うのが実感です。


本当にミズイカを上手に釣る方は、人が入れ替わり立ち代わり来るようなポイントで竿を出すでしょうか?


015_20170606223728b22.jpg
投げ釣りとサビキ釣りを同時進行でやり始めた後輩を横目にアオムシをエサに前打ちをして見ましたが、釣れる魚はこんなもんです。
022_2017060809302533a.jpg

水槽で飼育したくなるような3~4センチのアラカブ!!(笑)


しかも、コイツまで登場しました。
019_20170606223731ebb.jpg
背びれに毒棘があるハオコゼです。


ハオコゼは水質のバロメーター的存在で博多湾の湾奥には、ほぼいない魚ですが、糸島の西浦、野北、唐泊などではごく普通に釣れるありがたくない魚です。


近年は、ペットショップで人気がある魚らしいのですが、確かに水槽で飼育すれば可愛いヤツだと思います。




1匹980円もするんだったら、前の記事に書いた岩ガニ捕獲よりもやり方次第ではお小遣いを稼げるかも?知れません。(苦笑)


但し、ハオコゼ専門釣り師になって連日ハオコゼばかりを20~30匹釣り上げると言うのもそれはそれで茨の道かも知れません。


冗談はさておき、後輩がサビキ釣りで豆アジを釣る中、それをエサにして泳がせ釣りをしてみましたが、反応ゼロ。
017_2017060622373058e.jpg


後輩のサビキのエサがなくなるまで、私は釣竿を持たずに波止を歩いて釣り人が何を狙っているのかを見て回りました。


大半の方は、やはりミズイカ狙いで、
エギング
泳がせ
ヤエン
で各々が狙っていましたが、釣れているシーンには遭遇しませんでした。^^;


大洋丸では生きたアジゴを1匹130円で販売しているそうで、サビキをする手間ヒマを考えると5匹ぐらい買ったほうが面倒臭くないものです。


ビジネスチャンスは、いろいろとあることを考えさせられます。


アジゴ1匹130円なんて???!!??と、思う方もおられるかも知れません。


確かに、アジゴはサビキ釣りをすれば誰でも簡単に釣れるのですが、ミズイカやヒラメを狙う際にこのサビキ釣りでエサとなるアジゴを確保する手間ひまが面倒だからエギングに走る釣り人も少なくないはずですし、駐車場から先端部分まで本命のタックル以外にサビキ用のタックルやエサを持参してアジゴなんかいちいち釣りたくない!!という釣り人も結構いるはずです。


野北はヒラメ(ソゲ)が多く、昔私もよくここで釣りました。


でも、サビキでアジゴを確保するのが面倒で行かなくなりました。


岩ガニ採取のように、やればタダ同然で出来ることでも、面倒なことはやりたくないのが人間の心理です。


買った方が早くて便利なことはビジネスになるのです。


天気が良いときは連日数百人の釣り人が訪れる野北の大波止で、釣り人の観点からあったらいいな~と思うものを販売することはビジネスになるはずです。


この記事をご覧になった方が、大波止でのぼりを立てて釣りたてのアジゴ1匹100円を売ったり、どこかのディスカウントストアーで仕入れたおやつやドリンクを2~3倍の値段で販売することも可能だと言うことです。


今の季節ですと、カキ氷なんか売っていたら、私だったら買いますし、寒い時期はカップラーメンにお湯を入れたものが250円ぐらいだったらどうでしょうか?
クソ寒い中魚が釣れないで退屈している時に暖かいカップラーメンが250円で売られていたら私だったら即買いします。
たとえそれがどこかのドラッグストアーで68円で売られていると分っていても、釣り場に水を持ち込んでお湯にする道具や手間ひまを考えると買った方が安いと思うからです。


後輩がサビキ釣りのエサを使い切るまで大波止をウロウロしながら、大洋丸でアジゴを買ってブクに入れて来ていたご夫婦を眺めながらいろいろなことをイメージしました。


実は、野北ではこの大波止は、昔から私の行きつけの釣り場ではないのです。


段々陽が落ちてきましたので、後輩と野北漁港の別の場所に移動することにしました。




027_20170608114301363.jpg



私は基本的に人がたくさんいる釣り場が苦手です。^^;



ウキ釣りをしている横で投げ竿で仕掛けを投げ込まれると、釣れる範囲が極端に狭くなります。



この様なことにイチイチ・・・・イライラ・・・するために釣りをしたくないからです。^^;



なので、釣果はともかく1人で勝手気儘にいろいろな釣り方が出来る「不人気な釣り場」が昔から好きなんです。







スポンサードリンク

まとめ

コメント


管理者のみに表示