箱崎埠頭には釣り人がほとんどいませんでした!

仕事に向う際に箱崎埠頭の釣り場を見ていきました。


GEDC5777.jpg


ここのポイントに釣り人がいないことは実に珍しい



いかに釣れていないかを察することが出来ます。^^;



どなたかが忘れたのか、
置き去りにしたのかは、
分りませんが投げ釣りの仕掛けが放置されていました。
GEDC5778.jpg



この場所からの投げ釣りは私も何度も何度もやりましたが、
良い思いでがまるでありません。^^;



GEDC5782.jpg



変わったポイントで、複数の年配者の釣り人が屯していました。



チョイ投げの竿を3本ぐらい出しています。



数年前、私もここで投げ竿を出して、
手の平ぐらいのカレイを釣った記憶があります。



いや、それ以前にこの立ち入り禁止区域こそは、
博多湾きってのカレイポイントでした。



28~30番ピットのところが良く釣れた記憶があります。



それにしても道路はハトだらけです。
GEDC5783.jpg


穀物埠頭や穀物倉庫から穀物を載せたトラックのおこぼれをハトたちがついばんでいます。



車が通る度にいっせいに飛び立ちますが、すぐに道路に舞い降ります。
GEDC5781.jpg




箱崎埠頭きっての投げ釣りポイントには投げ竿を2本船用の竿受けに立てかけた釣り人を発見!
GEDC5785.jpg



私も以前このポイントでは、さんざん投げ釣りをしてカレイ、アイナメ、セイゴを釣りました。


根掛かり多発地帯で、
2~3回投げると、ジェットテンビンごとなくなるか、
仕掛けが根掛かりで切れるので、
ここでの釣りはしなくなりました。




この角地の信号が点滅するポイントは際で、メバル、アイナメ、スズキの一級ポイントでしたが、
柵だったのにいつの間にやら完全にで侵入できなくなっています。



ここまでするからには、侵入する釣り人がいたんでしょう。



はやと丸岸壁には誰一人釣り人がいません。
GEDC5786.jpg



三連休の中日の穏やかな天気にも拘らず、
ここに誰も竿を出していないことが、
博多湾の冬の釣果を物語っています。



冬の博多湾は遊べません。




釣り人にとっては辛抱の時期です。









スポンサードリンク

まとめ

コメント


管理者のみに表示