博多湾の湾奥でレジェンドタックルで釣れた自己記録の27・5センチのメバル

ゴールデンウィークも終わり、すっかり日常に戻った今日、黄砂で霞む博多の空の下を夕方から箱崎漁港界隈に向かいました。


私にとって新しい釣り場を開拓するべく、前々から気になっていた箱崎漁港の対岸の明太子のかねふくの工場裏に行ってみることに致しました。


ご老人が博多山笠のお汐井取り(おしおいとり)の鳥居がある前をテクテク・・・・ノコノコ・・歩いて船溜まりに来るのを見て、歩行ルートを確認致しました。^^;


入り口を発見して箱崎浜を歩いて対岸へ。


003_20170508222745b8f.jpg

004_20170508222747cab.jpg

005_20170508222748978.jpg

006_201705082227493be.jpg

008_20170508222751321.jpg


この箱崎浜を歩くと、かねふくの工事裏に簡単に行く事が出来ます。


009_20170508222752829.jpg
いつもは反対側から眺めているポイントから箱崎漁港界隈をまじまじ見るのも楽しいものです。^^;


前回の釣行で42センチのキビレが出たので、もしかしたら・・・・と思い、今日は私にとって絶対に外さないレジェンドタックルで臨みました。

010_201705082227547df.jpg

竿は随分昔に購入したもので、ノーブランドの3・5~4・0メートルのズーム式落とし込み竿


珍しいでしょう??


珍しいので、当時荒江の四つ角の先にあったフィッシングワールドだか、フィッシングジャンボだか忘れましたが、即買いした記憶があります。


私はこれまで、たいていの知れたるメーカーの落とし込みの竿を購入して使ってきました。


でも、私の記憶ではこのノーブランドの竿を使ったときが「アンビリーバブルな経験」をした想い出が多々ある竿なんです。


価格はなんと5000~6000円ぐらいだったと記憶しています。


落とし込みの竿で、新品でズーム式でこの価格は正直絶対にありえません。


だから即買いしたんですが、この竿を使って「私なりのヒストリー」が語れるほどの体験をさせてもらいました。


私にとっては幸運の女神のような竿なんです。


一投目に釣れたのがこちらの23センチぐらいのウミタナゴ。
011_201705082227553ee.jpg


結構引いてくれましたし、写真撮影後はもちろんリリース。



チヌが来るんじゃ~ないか?と言う私の予感とは裏腹に、タナを上げて釣れたのはこちら。
012_20170508222757df5.jpg
20センチはないコッパグロでもないクロ。


梅雨前のクロとは!!!



でも、出るんじゃないか~と思っていたチヌは気配すら感じませんでした。(涙)



場所を移動し、先般42センチのキビレが釣れたポイント界隈を5センチ刻みに落とし込んでいきますと、20センチぐらいのメバルと22センチほどのメバルが浅いタナで釣れました。


017_20170508233145f4e.jpg


どちらも竿先をじんわり・・と時間をかけて引きこむ鈍いアタリでした。


アワセますと、メバルらしい引き具合。


水温が高いせいか、晩秋や早春とは違うメバルの強い引きを味わえました。


その後、50センチぐらいの浅いタナでやはりメバルらしきアタリがあったんですが、アワセが早かったのか、不覚にもバレてしまいました。


結構待って、待って・・・、竿先を送り込んでアワセたんですが、強い引きとともに竿先が跳ね上がりました。(涙)


更に場所を移動して、昨年の晩秋に26センチのメバルが出たポイントに太目のアオムシをハリに刺してイトをコントロールしながらゆっくりを沈めますと、竿先をゆっくり曲げるアタリが!!!!!


送り込むこと一呼吸。


アワセを入れると、海底を這うように逃げる魚で、最初はチヌか???と思って相手の出方を伺うために竿を立ててじっと待っていると、そのうち魚が浮いてきました。^^;


すかさずリールのハンドルを回して手前に寄せますと、銀色には光らない魚体が!!


浮いてきたのは、メイタでもなく、ウミタナゴやセイゴではないロックフィッシュ


タケノコメバルかな??と思いつつ、ミチイトを持って抜き上げると湾奥では珍しいサイズのデカメバルでした。


メバルを入れたビニールバケツは20メートルほど離れたところにあり、デカメバルが暴れないように強く持ってそこまで向かいました。


013_20170508233147067.jpg


デカメバルを強く握ったせいで、ビニールバケツに入れたときは既に仮死状態。^^;


014_20170508233149868.jpg

016_201705082331521e4.jpg

・・・にしても、デカイ・・・ぞ~!!


手の平メジャーで計ると推定27~28センチ
015_20170508233150e6b.jpg


普段は使ったことがない本物のメジャーで計りますと27・5センチというところ。
020_20170508233153dc5.jpg


ここで、納竿としました。


022_20170508233155ed2.jpg
(上の2匹も20センチはある良型のメバルなんですが、さすがに27・5センチと比べると二周りほど小さく感じます。)


チヤンスは4回、ビンゴは3回」でしたが、私にとってのレジェンドタックルで、私自身のメバルの博多湾の湾奥レコードを更新することが出来ました。


このタックルは、やはり・・・何かを持っています。


値段やブランドとは無関係に魂が宿るタックルのような気がします。



あと2・5センチ!!!


博多湾の湾奥で30センチオーバーの尺メバルを落とし込み釣りで仕留めたい!!と言う私の個人的な願望は今回もお預けでした。^^;



でも・・・、久しぶりにちょいと興奮しました!!






















スポンサードリンク

まとめ

コメント


管理者のみに表示