寒さが堪える中央埠頭で、セイゴ3匹!!

前回のエサが余っていますので、
夕方から中央埠頭に直行しました。


GEDC5765.jpg


柵の向こうの電灯は既に明かりが点いています。



私以外は誰もいません




GEDC5766.jpg



すぐに暗くなりそうなので、
仕掛けを速効で作りました。



仕掛けを作るスピードは、
同行した仲間が驚くほど・・・早いです。



竿を持つ手が、凄く寒い感じがします。
GEDC5769.jpg



まるでアタリがなく、左右の手を交互に使って、もう片方はポケットに入れて釣りました。




だんだん手と足が寒さの為に痺れてきました




自分で言うのもなんですが、
こんな寒い日の夜に釣糸を垂れるバカの気が知れません。



それにしても、手足が痺れる!!



ようやくアタリがあって釣れたのが常連のこの方。
GEDC5742.jpg



食い渋りの極致みたいに、
エサを咥えても、
すぐに放します。



竿先にアタリを感じても、
それっきり・・・・と、いうパターンが何度もありました。



私も寒いが、
セイゴも寒いはず。



もちろん、リリースして、
次に釣れたのも同じサイズのセイゴ。
GEDC5770.jpg



楽しませてくれません



これまた、リリース。



アンダーを着こんで、
ズボンの上から更に、防寒ズボンを着ているのですが、
足が痺れます。



GEDC5771.jpg

またしてもこのサイズのセイゴ。

GEDC5773.jpg



寒さのため、もはや、これ以上釣る気力がなくなりました。^^;



食いは渋いは、
魚は少ないは、
冬の夜釣りはロクなことがありません。



釣った魚は極力、いろいろな料理をして食べて、みようと思うのですが、
こんなに小さなセイゴを食べるのは気が引けます。



それにしても、今日はアタリが少なかった・・・!!



寒かった・・・!!

スポンサードリンク

まとめ

コメント


管理者のみに表示