釣りバカは油が流出した博多湾に現地調査に出かけました!

新聞やニュースで、油が流出した博多湾の被害状況を見聞いたしましても、自分が実際に行って見ないと何がどうなっているのかちっとも分らないので、とりあえず勝手しったる須崎埠頭に行ってみることにしました。


旧3号線を通って向う途中に須崎埠頭の岸壁が油で汚れて釣り人が誰もいないんじゃ~ないだろうか?とのイメージがあったんですが、実際に須崎埠頭に着きますと、ファミリーフィッシングでサビキ釣りをしている方がかなりおられました。(苦笑)


004_20170429193411a45.jpg

008_201704291934135b9.jpg


ニュースや新聞を見聞きしていないのか??などとも思いましたが、恐る恐る海面近くを覗き込んでみますと、普段とちっとも変わらないような気が致しました。


毎日ではありませんが、須崎埠頭は既に27~28年も定期的に竿を出すポイントなので、変化があればすぐに気づくはずです。


006_20170429193412be2.jpg


あれが油回収船なのか?な~とも思って眺めていました。
009_2017042919341621d.jpg


エギングでコウイカを狙っている人もいましたが、見ている限りはエギが油で汚れている様子もありませんでした。
011_20170429193418a1c.jpg


荒津大橋の下に移動しました。


013_20170429193421c95.jpg
2本の竿先にはスズがついていまして、椅子に座った女性が読書をされていましたよ~!!(笑)


014_20170429193422788.jpg

015_201704291934243d2.jpg

この辺の状況を見る限り、ここもまた普段と何が違うん??と言う感じ。


012_20170429193419beb.jpg


昨日勤務先の後輩がボウズを食らった荒津のオイルセンターのシーバース周りには数人の釣り人が動いているのが見えました。



恐らくはマキエを撒いて、チヌをドングリウキで狙った釣りをしているはず。



須崎埠頭だけ見たのでは状況把握が出来ないと考えて、いつもの中央埠頭の御笠川沿いに向かいました。
025_20170429193425a6e.jpg

026_2017042919342724c.jpg


あいにく、ここでは釣り人が誰一人いませんでした。^^;


10分ほどいつも竿を出すポイントの海面を見る限りでは、ここも普段と変わらない感じが致します。^^;


私のようなバカが海表面を眺めただけでは、水質の汚濁や汚染までは知り得ません。^^;


恐らくこの調子だと、すぐ近くのチップヤード付近はGWと言うこともあり、今晩はルアーマンが相当数来るのでは?と思いつつ自宅に帰ることに致しました。


油の匂いもしませんでしたし、もしも私がニュースや新聞を全く見聞していなかったら、いつもどおり竿を出すだろうとも思いました。



だからと申しまして博多湾の湾奥で釣れた魚を食べる勇気は、今のところありません。(悲)



私はこれまで姪浜漁港だとか、東浜漁港で、海面に油が虹色に漂っていても平気で釣りをしていましたし、そこで釣れたアイナメやカワハギを喜んで食べていましたけど・・・・。^^;


そのせいもあるのか、風邪もひかない釣りバカを通り越した本当のバカになったのかも??(^∇^)


バカの真似はしてはいけん!!とご両親から幼い頃に言われたはずですから、真似してはダメですバイ!!

スポンサードリンク

まとめ

コメント

昨日のお昼前、箱崎ふ頭に偵察に行ってきました。

旧貯木場・・・重油の匂いが酷く、奥には油が溜まっており岸壁、橋脚には油が付着して真っ黒でした。
満ち込みのせいか、多々良川沿いも薄っすらと油が浮いていました。

はやと丸岸壁・・・懸命な油回収作業のおかげか、海面には僅かに油が浮いている程度。しかし岸壁には黒く油付着していました。

ビートル寝床付近・・・理研前の角付近は多くのゴミに絡んで油が残っていました。

バナナ・・・多少油の浮遊を確認できましたが、岸壁への付着も少なく釣り人も普通に釣りを楽しんでいました。

箱崎漁港・・・閉塞性が高いので一番危惧していましたが、不思議とここが一番綺麗でした。潮井浜から高速下の波止まで観察しましたが全く油を確認できませんでした。

以上が私の観察結果です。
ある一定の時間だけの観察なので(満潮付近)正確とは言えませんが参考までにお知らせ致します。

博多湾の釣り人として、今回の事故は大変残念ですが、また美味しい魚が食べれる日を楽しみにしたいと思います。
あっ、先日は大変ありがとうございました(o^^o)
No title
貴重な情報をありがとうございます。
今年はアリさんに例のアレでガンガン釣っていただきたかったんですが、こんな状況では、博多湾自体が予測不能です。私自身の「釣りのベクトル」変更を余儀なくされるかもしれません。
オイルが、気になると、コメントした者です。あれから百道浜、毎日見に行きましたが、日に日に、回復している感じがします。今朝は、少し油が浮いてましたが、夕方は、ほとんど、無かったです。チヌのあたりは、ありませんでしたが、
いつもどうりに、釣りができました。
No title
いつもどおり釣りが出来て、良かったですねぇ~!!

釣れなくても竿を出す気分になっただけでも、コメントを読んでほっとしました。


GW期間中の潮干狩りを楽しみにされていた方は残念でしょうし、室見のシラウオの産卵時期が気掛かりです。


汚染や汚濁の「真実の事実」は私のような凡夫などには分るはずもないのですが、日に日に回復している兆しがあるだけ希望が持てます。


貴重な情報ありがとうございました。
No title
こんにちは
昨夜東浜や中央ふ頭一帯をランガンしてシーバスをかなりの数釣りましたが油臭のする個体は1匹も居ませんでした。
シーバス自体の活性も非常に高く
油流出の影響を実感するには至りませんでした。
まだ楽観は出来ませんが意外と影響は少ないのでは?と個人的には判断しました。
Re: No title
> こんにちは
> 昨夜東浜や中央ふ頭一帯をランガンしてシーバスをかなりの数釣りましたが油臭のする個体は1匹も居ませんでした。
> シーバス自体の活性も非常に高く
> 油流出の影響を実感するには至りませんでした。
> まだ楽観は出来ませんが意外と影響は少ないのでは?と個人的には判断しました。


「ホームは箱崎」様へ


貴重な情報ありがとうございます。


私も近い時期に竿を出そうと思います。


コメントありがとうございます。

管理者のみに表示