釣り師は花を愛すべし!!と言うわけで藤の花を見に行きました。

もうすぐ還暦が近いアラ還の私ですが、若い頃は花など全く興味がありませんでした。(苦笑)


妻と幼い息子を連れてコスモスやヒマワリを見に行っても、クルマから降りずに運転席からぼんやりと眺めているだけでした。^^;


マジで「花なんか見てどうする??!!」と思っていました。


010_20170409225849950.jpg



職場で花見をするときも基本的には桜の開花など、ど~でも良かったような気がします。


ところが、自分が観葉植物や植木を育てるようになると、花の命が一瞬であることを知り、季節季節に咲く花に興味を持つようになりました。


若い頃は花などより生きている物=動く動物に興味があるはずです。
それが魚であれ、爬虫類や両生類であれ、昆虫などであれ。


春になれば、桜やツツジが咲くのは当たり前だろう??!!
それがどうした!!と思ってもいましたし、興味も湧きませんでした。


そんなアンポンタン&不粋な私が、今日は朝倉郡の上高場にある藤の里公園の大藤祭りに寄ってみました。
001_20170425234153dce.jpg

003_20170425234155c9c.jpg


やはり!!


若い方など誰も来ていません!!


20代、30代で藤の花をご家族で見物に来られて「藤の花って、本当にいいよな~!!」と言う方はレアな存在だと察します。


002_20170425234155819.jpg

007_2017042523420162c.jpg

女性が身に付ける香水やオーデコロンとは違った芳しい爽やかな匂いがするのが藤の花でもあります。


実に、気品のある香りです。


008_2017042523420317c.jpg

009_2017042523420454a.jpg

010_20170425234206183.jpg


色違いの白っぽい藤の花もあることを知りました。


この様な素晴らしい光景を見られるのも時期が限られています。


花の命は短いのです。


004_20170425234157858.jpg
奇跡的に私のオンボロデジタルカメラでクマバチが空中にフォバーリングしている画像を撮影することが出来ました。



藤の花が咲く頃はなぜかクマバチがウロウロしています。^^;


こっちに飛んできて刺すんじゃ~ね~ぞ!!」と、ついつい警戒してしまいます。



これもまた、4月下旬から5月上旬の春の風物詩なのです。



四十、五十は洟垂れ小僧」と言う言葉がありますが、藤の花をこれほど好きになったのは、ここ数年です。



釣りも同様で、ある魚種が釣れる時期は限られていますし、そのピークは瞬時で終わります。



自然の摂理には逆らえません。



いろいろな花の開花は自然のGOサインでもあります。



ヒマワリが咲き始めるとメイタ~チヌが本格化する。
コスモスが咲き始めるとメイタの数釣りが出来る。


それが釣りのGOサインでなくても、釣り師は花を愛した方が素敵ではないでしょうか?


私も、この年でほんの少し大人の仲間入りをしたような気が致します。(爆)


今日は、北朝鮮が何かしでかしてXデーになるかもしれなかった日でした。


そんなに日に釣り竿を握らず藤の花を眺めている過去には考えられない自分がいました。


釣りを愛することは自然を愛することに他なりません。


機会があれば、藤の花をご覧になってください。


その香りと美しさに気づかされることがあると思います。












スポンサードリンク

まとめ

コメント

船舶火災の、オイル
気になりますね
No title
西日本新聞の記事ではこの火災でけが人は出なかったようで幸いです。でも、海上保安部によると、船から燃料の油が流出し、長さ400メートル幅凡そ180メートルの範囲で広がっていてオイルフェンスを張って対応しているとのことです。しばらくは、はやと丸岸壁付近の釣りは考えものです。
http://www.city.fukuoka.lg.jp/bousai/hakatawan.html

2.海辺,河川での注意事項

(1) 博多湾内での潮干狩りについては,当面,ご遠慮いただきますようお願いいたします。
(2) 湾内の河川や海岸線,防波堤等に油が付着して,滑りやすくなっている可能性もありますので,ご注意ください。
(3) マリナタウン及びシーサイドももち海浜公園での遊泳は現在中止しています。
※福岡市海づり公園(西区小田)につきましては,通常どおり営業しております。

残念ながら最低でも今後2年は博多湾内の魚介類を食すのは控えた方が賢明です

あの汚染された大量の油の怖さを舐めてはいけません

No title
貴重なコメントありがとうございます。老いぼれ釣り師の私が魚を食するためには博多湾外に行かねばならないようです。^^;
何とも悲しい出来事です!!

管理者のみに表示