ボウズ覚悟でメバル狙い!!

随分と日が長くなりました。


夕方6時ちょうどに自宅を出ても辺りはまだすごく明るくなりました。


と言うことは、メバルちゃんたちが登場するまでまだまだ時間がかかると言うことにほかなりません。


中央埠頭の誰もいない釣り場で仕掛けを作り、際を狙ったんですが、今日は小潮で干潮が21時半ぐらいということもあってか、まるでアタリの「ア」の字もありません。^^;


007_201704032307347b9.jpg


でも、これは予め想定内のことなので、一番奥の金網がある近くにクルマを止めて、海上保安庁の鎖があるところまでを往復しました。



009_201704032307334f1.jpg


船が岸壁に当らないようにところどころにある巨大なゴムクッションの下に仕掛けをくぐらせる時にアタリが多いのですが、今日はあいにくの干潮間際で、海面と巨大なゴムクッションの距離が空きすぎています。


やはり、まるっきりアタリがありません。



昨年までは浅いタナを探ると、イヤになるほどの20~25センチのセイゴがエサを突いていたのですが、今年はそれすらも皆無です。


大体桜の開花時期がセイゴ~スズキに関してはへチで一発大物が出る時期でもあるのです。



そして、だんだんへチを離れてGWぐらいから夜釣りでアオムシをエサにしたウキ釣りによく釣れるようになるのが例年のパターンです。



今の時期は日中にセイゴ~スズキを狙いたいのであれば、大き目のモエビが絶対に必要です。



最近は大き目のモエビが手に入らないこともあり、私は狙わなくなりました。



昼間はアオムシで釣れることは稀と言うか、滅多に釣れません。



ところで、今年のこの場所では、セイゴが海面をボイルしているわけでもなく、全く気配を感じません。(涙)



こんな年もここ数年の中では珍しい。



かろうじて1回だけアタリがあり、竿を慎重に送り込んでアワセますと、穴に入って出てきませんので、ミチイトを出して弛ませて、2分ほどほったらかしにして竿を置いていました。


もういいだろう!!とばかりリールを巻くと、案の定釣れたのがこちら。



014_20170403224035c1d.jpg


前回より更にひと回り小さな24センチぐらいのアラカブです。



アラカブが釣れるのは嬉しいのですが、徐々に小さくなっていきます。



その後はアタリもなく納竿。



たった一度のワンチャンスでした。



これをボウズではない!!と言うかどうかは不明です。^^;



アラカブの喉にハリが刺さったままになっているので、ハリを外そうとしたらやたら白っぽくなっています。


010_201704032240321f2.jpg

011_20170403224033404.jpg


環境に応じて保護色に変化するとかいな?



このアラカブは恐らく「女の子」です。



前回のアラカブも「女の子」で、妻が真子を炊いて食べたそうです。^^;



ところで、昨夜過日釣ったタケノコメバルのお煮つけが夕飯に出てきました。


001_20170403224037414.jpg


妻が、「美味しくなかろ~!!??」と横でうるさかったのですが、案外美味しかったのです。^^;



ほんと、タケノコメバルは、味に個体差があり過ぎます。



口に入れただけでイヤな気分だがするものもあれば、今回のようになかなか美味しい個体もあります。



これから釣ったタケノコメバルの時期と場所で、どうなのか?を検証していきたいと思います。
























スポンサードリンク

まとめ

コメント


管理者のみに表示