博多湾でアラカブの釣れる時期とツクシの採れる時期の相関関係

前回の記事で、参考になるコメントを頂きました。



昨年同じ頃に27センチのアラカブを釣られたというご報告でした。



そうなんです。



なぜかしら、このサクラが開花するような時期にアラカブが夜釣りで、しかも、浅いタナで釣れることを過去に何度も経験しました。


gedc6110_201703192339230d4.jpg

gedc6172_20170319233924557.jpg
(どちらも25センチオーバーのアラカブです)



真夏の方が活性が高くて釣れる様な気もいたしますが、サッパリ!!なんです。^^;



私の拙い経験上で恐縮なのですが、アラカブは夜釣りでは防寒着がいるくらいウスラ寒い時の方がよく釣れた記憶があります。
(メバル、セイゴ~スズキも同様!!)(あくまで際狙いですけど!)



数年前の今頃に、長浜の魚市場の対岸部分の須崎埠頭で春先にメバルを狙っていたら、やたらと10センチ程度のミニカブ(小さなアラカブ)が、次々に釣れて辟易したことがあります。



マニアックな方であれば、水槽にツボでも入れて飼うと楽しそうなサイズです。(爆)



けしからんことに、こんなサイズのミニカブ(小さなアラカブ)を何匹かまとめて、トレーに入れて売っているスーパーもあります。



そげなことするけん、大きいアラカブがおらんごとなろうが~!!」と、慎んで申し上げたい。



私の体感として、アラカブ=桜の開花=ツクシの採れる時期なんです。



今日も僅か15分で130本以上のツクシをゲット!!
007_201703192257341b2.jpg

008_20170319225733fcf.jpg


妻がツクシWelcomで、「ハカマを取って湯がいて冷凍しておけば、いつでもたべれるけん!!」と、申します。



そのへんのことは、釣りバカの私には、よ~分らんのですが、ツクシを採るのは楽しいもんです。



妻から手の平の上で、仕事以外にも弄ばれているような気もする時があります。^^;



余談ですが、過日釣ったアラカブは妻が刺身にしてくれました。


078.jpg
↓↓↓
001_201703192257351f0.jpg

003_20170319225736710.jpg


(29センチのアラカブ1匹分です。)



旨いのなんの・・・!!



身がプリプリしていて、ほのかな甘みがあります。



滅多に私が釣ってきた魚を旨いと言わない妻が、「美味しいね~!!」と、言ってくれました。^^;



釣りバカ冥利に尽きる言葉です。



私が釣った魚を捌いて美味しい料理に舌鼓を打っていただければ、釣り甲斐があると言うものです。



メバルは釣っても私の口にはほとんど入りません。^^;



メバルは??!!と言いますと、妻が「何のこと??」などとボケてくれます。(苦笑)



そんなことより、次もメバルとアラカブ・・釣ってくるんよ~!!」と、半ば脅迫めいたことを言います。



嬉しいさ半面、悲しさ反面・・で、ござります。



アラカブは今の時期に浅いタナで狙えます。



穴に入り込むことが多いのですが、それは前回の記事に書いたとおりのことをすれば、たいてい獲れます。



大きなアラカブに遭遇するのは「」です。



「ツクシの採れるの採れる時期」は、博多湾の湾奥でアラカブが狙える時期でもあります。

スポンサードリンク

まとめ

コメント


管理者のみに表示