渓流釣り解禁と春の訪れ

昨日に引き続き今日も全国的に穏やかな春の日差しを感じる一日になりそうです。


006_20170301072317f37.jpg


気象予報士の間では、この様な晴れの日をオッパイ晴れと呼ぶそうです。



おおむね晴れ」ということからなのだそうです。



勤務地には釣りが好きな方がたくさんおられます。



海釣りが好きな方もいらっしゃれば、ヤマメを狙う渓流釣りが好きな方がかなりおられます。



周知のように渓流釣りは3月1日に解禁のところが多く、ファンは2月に入ると、「あと●●日、あと●日」と日々カウントダウンしてヤマメと再会できることを心待ちにしていました。



女性とデートする以上に興奮気味の方もいましたよ~。(笑)



なので、3月1日はお休みの方が多いのです。(爆)



冷水温を好むヤマメは晩秋に産卵とのことで、禁漁時期が設けられているのです。



渓流釣りファンの方はウェーダーを履いて沢登りしながら釣り歩くのですが、各自人が入っていない川に我先にと入っては、ここぞ!!と思しきポイントで竿を出し、ドンドン上へ上へと登っていきます。



口で言うのは簡単ですが、かなり危険を伴う釣りであることは否めません。



ですが、季節の移ろいを五感で感じながら自然を満喫できる素晴らしい釣りだと思います。



今日は幸いなことに穏やかな天気で、渓流釣りファンにとっては嬉しい解禁日となったはずです。



また、知人の福岡県警OBの海釣りファンは2月の間は船釣りの予約がことごとく悪天候のために釣りに行けずに、元気がなかったのですが、今日船が出るとのことで、昨日からソワソワ・・・していました。(笑)


対馬の近くにある七里ヶ曽根で、活きたイカをエサにして10キロオーバーのブリを狙うそうです。



いいなぁ~!!



玄界灘の船釣りはGWの頃までは、「よりきた」という北風交じりの風が吹くために、船釣りの予約を入れても、3回に1回行ければ良いほうだと思います。



私が船釣りをしなくなったのは、「この日!この時!」とばかり、用意周到にタックルや仕掛けを用意しても、海上の波の高さが2.5メートルを超えれば釣りに行けずに、余計にストレスが溜まる状況に陥ったからなのです。


001_20170301072319aab.jpg


昨日は去年土筆を採った場所には、既に土筆がひょっこり・・・。



003_20170301072321eae.jpg



妻が大好きなので、その近辺をウロウロして探しましたが、まだ時期的に少ししか採れませんでした。(涙)



2週間前までは大寒波到来で雪が積もるなどと言っていたのですが、確実に春の訪れを感じる季節になりました。



とは言え、博多湾の湾奥の釣り場は海水温が年間を通じて一番低い時期で、思うように魚が釣れない時期でもあります。



桜の花が咲き始める頃から水がぬるんでお魚さんたちの活性が高まってきます。



あと2~3週間の辛抱ですね!










スポンサードリンク

まとめ

コメント


管理者のみに表示