雪に慣れていない福岡での雪道での安全運転の仕方

昨年の今頃は、とんでもない大寒波が来て流通が麻痺するぐらいの大雪が降りました。


覚えていらっしゃるでしょうか?


確か、1月の24・25・26日にかけてだったと思います。


福岡は雪に慣れていないので、少し雪が積もると九州縦貫道や都市高速は全面通行止めになり、普段高速道路を通る車両が国道3号線をはじめとする一般道路に溢れかえり、おまけに雪のために事故が多発し、すぐに大渋滞になりがちです。


大渋滞です


昨年は、私も「立花寺の交差点」で、1時間1センチも動かずに、トイレがしたくなって・・・往生・・しましたバイ!!^^;


駆け込んだコンビニではパンや弁当などが既に売り切れており、昼飯はビスケットとジュースとポテチ・・・どすた。(涙)


筑紫野のゆめタウンまで5時間以上かかり、悪夢を見ているような気持ちでした。


さて、雪に慣れていない福岡での雪道の走り方なんですが、知らない方が多いことで事故が多発する傾向も否めません。


随分昔のことですが、運転が基本的に好きではない私は、本で雪道の運転の仕方を読んだ覚えがあります。


その内容の骨子を簡潔に述べますと、
・時間に余裕をもって出発する
・暖機運転をして、フロントガラスの雪はもちろん、ルーフ上の雪もすべて落とし、靴の裏に雪が付いている状態で運転しないこと。
・急発進はせずに、アクセルはじわ~っと踏み込むこと。
・車間距離を長めにとって、追い越しや急ハンドル、急加速、できれば車線変更もしないこと。
・とにかくスピードは出さないこと。
・ブレーキはエンジンブレーキを併用し、フットブレーキは数回に分けてじわ~っと踏み込むこと。
・カーブでのブレーキはスピンするので、入る前から減速し急ブレーキは絶対にかけない。
・停車する時も急ブレーキは厳禁!
・駐車時はワイパーを立てること。


今日の夜から雪マークが天気予報で出ています。


明日1月23日の月曜日は、雪のち曇りになっています。


山間部はもちろんですし、路面凍結(アイスバーン)が一番恐ろしいです。


私は、今年に入ってから路面凍結でひっくり返ったり、衝突したクルマを既に10台以上見ています。


そのような場所では、絶対にスピードを出さないことが肝要です。


時間に余裕を持って出勤することで、「スピードを出さねばならない理由」をすべて潰すことが大切です。


最悪、遅刻したところで、命を失ったり、事故でケガをするより、仮に叱咤されても、長い人生においてどうと言うこともありません。


大好きな釣りもできなくなるより、開き直って・・・・遅刻したほうがマシです。


雪に不慣れな福岡の方は、雪道の運転、気をつけて下さい。


スポンサードリンク

まとめ

コメント


管理者のみに表示