「行ってはいけないパワースポット」もある!

このブログをご覧になっている方は「御自身のパワースポット」というものを考えたことがあるでしょうか?


他の人からすればど~でも良い様な場所なんだけど、なんとなくここにいると気が落ち着いてアドレナリンドーパミン、はたまたテストステロンが分泌されるような気がすると言うスポット(場所)です。
(本当に分泌されているのかどうかは、どうでも・・・いいんです!)


私の場合は博多湾の湾奥のあるスポットに行きますと、楽しかったことが走馬灯の様に頭を駆け巡り、このポイント好きだな~!!と思うピンポイントがいくつかあります。


決して大物を釣ったポイントばかりが好きなポイントでもないんです。^^;


ここで竿を垂らしているだけで、気が休まり・・、竿先にすべての神経を注げるポイントと言うものがあるのです。


恐らくその時は、魚のアタリのみに集中し、他の事はほぼ考えていない「狩猟本能のみの男」と化しています。


短気でセッカチですから、エサを付けたハリを海中に入れて我慢できるのは、幼児並みの恐らく数十秒ぐらいです。^^;


1投目でそれらしい魚信がないと、その時点で「ムカッ!!」とします。(苦笑)


50年を超える経験則から、ここぞ!と言う場所に竿を垂れて、1投目からそれなりの魚が釣れる時は、気合も入りますし、事実釣果も良かった気がするからなのです。


裏を返せば、そうでない時は、「見切り千両」とばかり、すぐに移動します。(爆)


でも、あるピンポイントで釣れない時は、どこに移動しても釣れないことも数多く経験しました。


なんで、こげん、アタリがないとや~!!」とぼやくことが多いはずです。


そんなときは、いろいろと移動せずに、すぐに納竿して帰る勇気と決断力も必要なのです。


全くアタリのないポイントが、1週間後に入れ食いなどということも何十回と経験しました。


自然の不思議と奥深さに驚嘆したことが幾度もあったんです。


前置きが長くなりましてすみませんが、今月のある日に会社の後輩の女性たちと近隣のパワースポットに行く予定を立てています。


人の女性が気落ちして、「みんなでパワースポットにでも行って、美味しいもんでも食べようや~!!」という浅薄な計画なのですが、行く場所を任せられた私は頃良く発売されていたこちらの本を見回して、後輩の女性たちが喜ぶであろうコースを考えていたのです。
001_201701092129375d8.jpg


糸島のあるところが紹介されていて、そこに行くことにしていました。


ところが、今日コンビニに寄ってある本を購入したら、それが間違いであると書かれていて、ビックリ!!
002_20170109212938ad1.jpg


まずは、パワースポットは土地との絆を大切にすることがポイントのようです。


パワースポットのNGとしては、
・人気のパワースポット
・いろいろなパワースポットに行って、写真を撮ること
・自然とかけ離れた場所がパワースポットと思わないこと
なのだそうです。


この内容を見て驚かされたとともに、ある意味ボンクラながら確信致しました。



すべての人に共通するパワースポットなど・・・ありゃしない!!とうこと。


雑誌に紹介されているようなパワースポットでなくても、自分が好きな場所、自分が何かエネルギーを蓄積できる場所がパワースポットであるということなんです。


人それぞれ違って当然です


・・・と、言うことで今回の人気のパワースポット行脚のドライブの旅をボツにして他の企画を立てることに致します。


私のパワースポットと職場の女性たちのパワースポットは違うはずです。


ある親しい女性は「薄暗くて狭い場所」が好きなのだそうですが、私はそのような場所は苦手で、頭が痛くなります。


風評や通説に甘んじて人気のパワースポットに行っても何らご利益があるとも思えません。


パワースポットは各人が勝手に行く場所ではないでしょうか?






















スポンサードリンク

まとめ

コメント


管理者のみに表示