博多湾内でのメバルの釣り方

箱崎のバナナ埠頭アオムシをエサにしてメバルを狙ってみました。


いつものポイントで、いつものタックルで、いつもの仕掛けで・・・・。^^;


25センチほどのセイゴは、散発的ながら相変わらず釣れます。
024_20161212000250a49.jpg

025_20161212000251e86.jpg


今日はセイゴが多いので、リリース


そうしていると、船が壁面にぶつからないようにするための構造物の下をトレースしていると、鈍くて重苦しいアタリがあり、竿先を送り込んでアワセますと、イトが出るほどの引き。


結構引いてくれましたが、海面近くでセイゴと分り、ミチイトをもってブリ上げました。
028_20161212000252586.jpg


ちょうど40センチぐらいのセイゴです。


このとき瞬時に私が判断したのは、このままずっとこのポイントで同じ動作をすれば、25~40センチぐらい、それ以上のフッコサイズも釣れるかもしれないが、それではやはり、つまらない!!と思ったこと。


すぐにハンドメイドの竿を縮めて後部座席の窓に差し込み、メバルポイントに向いました。


クソ寒い中、短時間で博多湾奥ではキープサイズのメバルが退屈しない程度に釣れました。


029_2016121200025345e.jpg

031_2016121200025596a.jpg


メバルはいれば、釣れるんです。^^;


メバルがいるところ」を見つけるのが釣るよりも至難の業なのです。


ウミタナゴもなんと水深1メートルぐらいで釣れました。(驚)
036_20161212000256cd8.jpg


例によって25センチぐらいのセイゴも次々に釣れます。^^;
037_201612120002581fb.jpg


そんな中、本日最大の22センチぐらいのメバルが水深1メートルぐらいで、ズン!!と竿先を曲げてくれました!
038.jpg



寒いので、短時間で撤収!!



バナナ埠頭で釣れたセイゴとメバルをキープ。
039_201612120016141a8.jpg


041.jpg



これらを釣るのには1時間もかかっていません。



クソ寒いので、途中で辞めました。^^;



博多湾の湾奥のメバル釣り心理的にも、物理的にも人が竿を出さないようなところを見つけることが要諦です。



クルマ横付けのポイントは、誰もが竿を出すために釣り散らかされて、すぐに場荒れしてしまいます。



推理力と仮説をフルに働かせて「メバルがいる釣り場」を見つけることさえ出来れば、釣るのは簡単です。



こんなところで??!!と言うところに案外いるものです。



ところで、ジャズの帝王と呼ばれたマイルス・ディビスの後期の名曲「TUTU」はもちろんマーカス・ミラー・プレゼンツの曲です。


マイルスが生きているときも、ライブでは必ず演奏していた曲でマイルスも余程気に入っていたんだと思いますし、マーカス・ミラーのライブでもたびたび演奏される曲です。


もちろん、すべての曲がアドリブやアレンジで違うところがジャズの醍醐味です。


マイルスのアルバム「TUTU」がオリジナル曲だとすると、まるで違うものもあれば、オリジナルに近いものもあります。





若きトランペッターの出来映えが素晴らしい!!



マーカスの革ジャンもカッコイイです。



このポップなサウンドがマーカスの魅力で、マイルスも認めていたところなんでしょう。


フェンダーのジャズベースを随所でウッド・ベースのように弾けるマーカスは、やっぱ・・・すんげぇ!!




スポンサードリンク

まとめ

コメント


管理者のみに表示