「神っている」メバル釣りが出来なくて残念!

いよいよ師走ですが、ひと昔前やふた昔前に比べますと慌しさも全く感じないのが、昨今の12月の初旬です。


15日の年金支給日冬のボーナスが出ると消費が活発になりますが、それまではいつもの月と何ら代わりありません。


クリスマスも若い方やお子さんがせいぜい小中学生ぐらいまでの時まで興味がありますが、子供が大学生になったりしたときは家にはいませんから家庭でクリスマスを祝う理由はほとんどなくなります。


若い方にとってはクリスマスイブは特別な夜なのかもしれませんが、私ぐらいの年齢になると県外から福岡市内にやって来るクルマが多くて渋滞して迷惑千万ぐらいな日でしかありません。^^;


昔のように正月三が日は店がほとんどお休みであるということもなく、大手のスーパーはもとより、コンビニも開いていますから、年末に買い込まないといけない理由などまるでありません。


正月の福袋などもたいていの方は飽きているはずでは?


しかも、ただ単に正月の暇潰しに行っている感じです。^^;


それはさておき、暦の上では12月に入りまして、1日はある神社で手を合わせて参拝しました。


001_20161203002233def.jpg


正月の初詣だけでは失礼な気がして、とりあえず毎月1日あるいは初旬にどこかの神社に行って合掌すると自分勝手に決めました。^^;


特別な意味はないのです。


2日の今日は朝から天気が良くて、すっきりとした青空が出ていました。


2016年のユーキャン新語・流行語大賞には「神っている」という言葉が選ばれました。
以下、
・聖地巡礼
・トランプ現象
・ゲス不倫
・マイナス金利
・盛り土
・保育園落ちた日本死ね
・ポケモンGO
・アモーレ
・PPAP
トップ10に選ばれました。



どのボキャブラリーも記憶にある語彙ばかりですね。



さて、休日のルーチンワークを済ませてから、箱崎漁港に出かけました。
005_201612030022345f7.jpg
(夕日がきれいだったので、途中でクルマを止めて撮影しました。)


いつもどおりのポイントで、いつもどおりの仕掛けとエサで探りますと、最初に釣れたのはこの方。
006_20161203002235eba.jpg
22~23センチぐらいのタケノコメバルです。


相変わらず、コイツラが多いので閉口。
007_201612030022363f0.jpg


結局30分ぐらいでこの場所を諦めることにしました。


箱崎漁港で釣れたタケノコメバルとハゼはリリース。
008_20161203002238d22.jpg


場所を変えて、徐々に潮位が上がってくる中、散発的にメバルやセイゴがやや退屈するぐらいに釣れました。^^;


途中写真を取ろうとしましたが、電池切れでクルマのバッグの中に電池を入れているのですが、面倒なので撮影無しで釣りました。


結果はこんな感じです。
009_20161203004744092.jpg


最大20センチ弱のメバルが9匹
010_20161203004745683.jpg


35センチぐらいと28センチぐらいのセイゴが2匹
011_201612030047463e6.jpg


それ以外に良型のハゼが多数釣れましたが即リリース。


バッカンに海水を入れたまま自宅の駐車場まで戻り、ここで海水を捨ててビニール袋を二重にして帰宅するのが我が家の掟になっています。^^;
012_201612030047474e6.jpg



前回のような25センチオーバーのメバルは釣れませんでしたし、入れ食いでもありませんでした。



大型のメバルが入れ食いという「神っている」メバル釣りとは程遠い釣果。


ですが、あまりたくさん釣ると妻から叱られます。


何でも「ほどほど」がちょうど良いのです。



今日もまた、どうにかボウズは食らいませんでした。



でも、釣りに行くときのイメージは25センチオーバーのメバルが5~6匹立て続けに釣れるというイメージだったのです。



世の中万事思い通りには行かないもんです。(苦笑)






スポンサードリンク

まとめ

コメント


管理者のみに表示