100円ショップで購入するべき釣り小物

釣りが好きな方がたいした目的もなく100円ショップに行くと、釣りに役に立ちそうなツールやグッズを探す傾向にあるのではないでしょうか?


妻と100円ショップに行くと、私はそういう行動をとります。^^;


もちろん最初から「釣りに使える小物」を買いに行くこともあります。


100円ショップで購入する釣り小物の最たるモノはこちらではないでしょうか?
005_20161122184250bb9.jpg
(こちらはダイソーで購入したクスリ入れ)

004_201611221842492a3.jpg
(こちらはセリエのコスメグッズのところに売られていた小物入れ)


同じ100円ショップでも、ダイソーとセリエとキャンドゥ・・・などでは、取扱商品が異なることが多いもので、それはそれで楽しいもんです。^^;


これらのクスリ入れや小物入れはハリやオモリやヨリモドシなどの接続金具を入れるのに適しています。
006_2016112218425194a.jpg
(チョイとマニアックなハリばかり・・・ですけど!)

008_20161122184252047.jpg
(オモリもルアー用のウォーター・グレムリンが使いやすくて好きです)


これらの釣り小物を収納するケースは100円ショップでも十分です。


後は、釣った魚の調理道具としてウロコ取りだとか、せぜら・・・なども見つけたら「買い」ですし、クリップ付きのLEDライトも夜釣りに大変重宝します。


また私がよく購入するのは小型のラジオペンチハサミ爪切りです。


ハサミや爪切りはもちろんラインを切るためにですし、ラジオペンチはオモリをラインに締めるときに使います。


100円ショップによっては、
・ルアー
・ライン
・接続金具
・収納ケース
・ウキ
・エギ
・ジェットテンビンなどのオモリ
・ガン玉
・仕掛け
・竿先につけるスズ
・ロッド(100円ではなくて500円ぐらい)
・ケミホタルのような蛍光パイプ
・・・なども売られていますが、たいていは腐るほどあるので、買うことはありません。^^;


以前ケミホタルのような蛍光パイプが小さな箱に5本入っていて100円で売られていまして、それを買ったらあまり光らなくてガッカリした記憶があります。(涙)


やはり、値段程度のモノであることは覚悟しておいたほうが腹が立ちません。


どこにお金をかけるかは、個人差もあるでしょうから何が正しくて、何が正しくないなどと言うことはありません。


タックル(竿とリール)は究極的には自分が気に入れば、値段は無関係ですが、あんまり安物ですと、扱いが雑になり大切にしませんよね?


実はワゴンセールの中で売られているような廉価品を使いこなすには、逆にかなりの年期と経験が必要になると思います。


なので私はビギナーほどそれなりに値の張る道具やグッズを薦めます。


扱いにくい道具のためにストレスが溜まって釣りがいやになることが多々あるからです。^^;


値段が高い道具が釣果を保証するわけではありませんが、安物ばかりを揃えるのも、それはそれで考えものです。


100円ショップで購入するべき釣り小物もあれば、購入しないほうがよいモノもあるのではないでしょうか?


例えば釣った魚を生け締めするときに使うナイフは100円ショップのナイフでも構いませんが、100円ショップで売られているナイフや包丁で美味しい刺身や魚料理が造れるかどうかは甚だ疑問です。


切れない包丁でズタズタに切った刺身は気持ち悪いです。(笑)


私は30代の頃に釣った魚を本を見ては自分で片っ端から捌いていまして、どうにも旨くなくプロの方に手取り足取り教わったことがあります。^^;


腕が悪いヤツほど道具も悪い!」と魚を捌くプロに言われたことがあり、マイ包丁やマイまな板、マイ砥石、マイウロコ落とし、マイせぜら・・・などを買い揃えました。(涙)


なまくら包丁で魚の繊維を全部ズタズタにして旨いわけないだろう?? アホか!!」とも言われました。


そんなことがあり、中砥ぎの砥石で包丁を砥いで、仕上げ砥ぎの砥石で刃こぼれしにくい包丁の砥ぎ方も学びました。


買ったときは小出刃も柳刃も落とし込み釣りに使う竿よりも高かったのですが、あれから20年以上経った今も現役です。


本当の意味で「コスパに優れる」とはどういうことなのかを再考してみることも必要です。



でも、100円ショップにたまに行くと、アレコレ・・・と要らない物まで買ってしまうんですよね~!!??






























スポンサードリンク

まとめ

コメント


管理者のみに表示