久々に能古島に釣りに行った安近短の釣りバカ 3

暗くなるとロックフィッシュの活性が高まるのが普通ですが、このポイントでは暗くなると何も釣れなくなるので、ポイントを移動。


GEDC5334.JPG


海沿いの駐車場の向こう側の際を狙ってみることに致しました。


干潮近辺なので水深は1ヒロあるかないかです。


底付近でガツガツ、ゴツゴツというアタリがすぐにありました。


アワセを入れると四方八方に逃げ惑う引きで釣れるのは当歳メイタでした。
GEDC5327.JPG


これまた本当に当歳メイタと呼ぶに相応しいサイズです。


2投目も、3投目もこればっか・・・!!
GEDC5329.JPG

GEDC5328.JPG

こんなのばかりじゃ~・・・・と、半ば戦意喪失していると、エサが底に落ちる目にふんわりとエサを食ったようなアタリが!!


すかさず合わせますと、魚は沖に向かって突っ走り、急いで竿を立てて応戦しましたが、リールのドラッグをフリーにしていなかったためにハリスが飛ばされました。


今までの経験から35~40センチ程度のメイタだと思います。


暗くなってハリスが擦れても交換しなかったことが一番の原因でした。


分ってはいるのですが、暗くなると面倒なのですね~!!(汗!)


こんなときに限って、「想定外の魚」がいきなりハリに掛かるんです。


このポイントも諦めて、いよいよ灯りが点いた防波堤の先端を目指すことにしました。


先ほどまでサビキでアジゴを釣っていたおばちゃんたちはいつの間にかいなくなっていました。


夕マズメの1時間ほどサビキでアジゴを釣って、とっとと撤収!!
疾風のように現れて、疾風のように去っていくおばちゃんたちです。


際にエサをつけて中層を探ると、小さいながら竿を絞るアタリが・・・・!!


釣れてきた魚を見てビックリ!
GEDC5330.JPG


1年半ぶりぐらいにお目にかかるメバルではありませんか。


なんとも可愛らしい姿に見とれました。



でも、シッポまで入れても10センチ程度。
弱らぬうちに速攻リリース。


メバルの良型がいるかも?と思いつつ中層を探りますと、なにやらモゾモゾ・・、竿先がガツン、ガツン・・・というメバルではないアタリがありました。


水深1メートルほどのタナでアタッていますから、すぐに海面に飛び出してきてジャンプ!!
GEDC5331.JPG


25センチに満たない22~23センチ程度の当歳セイゴ


その後もエサを入れますと、入れ食い
GEDC5332.JPG

GEDC5333.JPG

計った様に同じサイズばかりですし、8時近くなりましたのでここで納竿することとしました。


木っ端グロ、当歳メイタ、当歳セイゴ・・・か・・・!!


8時15分の姪浜行き渡船に乗り込み二階にあがりますと、座席のある客室にはテレビが2台対角線上に置かれていて、1台はクライマックスシリーズ第1戦のソフトバンクVS日本ハム、もう1台は巨人VS阪神を見ることができました。
GEDC5336.JPG


この客室には私1人しかいませんでした。


私がテレビを見始めた頃はちょうど7回表の日ハムの攻撃で、ソフトバンクが逆転されたシーンでした。


姪浜の渡船場から見るマリナタウンの観覧車は相変わらずきれいです。
GEDC5338.JPG


観覧車を眺めながらの夜釣りも風情がありますが、クライマックス第1戦が気になるので、すばやくクルマに乗り込みラジオをつけました。


姪浜から自宅までの帰り道はずっとラジオに夢中でした。


自宅の駐車場に着いたときに葉、9回の裏の攻撃で5番の松田がヒットを打って、ノーアウト1,3塁の場面。


リーグ優勝の決勝打を放ったのも松田でした。


駐車場のクルマの中でじっと野球中継を聞き入っていました。


熱狂的なソフトバンクファンの息子とカミサンもおそらくテレビに釘付け状態はずですから、今のタイミングで帰宅しても無視されるのが関の山。


6番の吉村がさよなら逆転ヒットを打ったのを確認して帰宅しますと、カミサンと息子は案の定ニコニコでした!!


久々の能古島釣行は、さっぱりでしたが、今日はソフトバンクがクライマックの第1戦目に勝ったおかげで、
我が家はウキウキ気分でした。


今期で監督を辞任する秋山監督のためにもクライマックスを制して、日本一になれば、我が家はそれだけでウキウキ気分になれます。


息子やカミサンのせいで、私もいつのまにかソフトバンクの選手の名前と顔を覚えてしまいました。(苦笑)

スポンサードリンク

まとめ

コメント


管理者のみに表示

トラックバック