カレイ釣りに行く予定がとんだ冬の台風並みの暴風

12月に入り、とんでもない天気になりました。


まさに、THE悪天候


カレイ釣りに再び目覚めた?私は、行くところを入念に調査し、ある程度決めていましたが、
北西の暴風の前に即座に断念せざるを得ませんでした。


台風なみですね!!



釣りをされる方であれば、強風が雨よりも釣りづらくタチが悪いことは納得いただけるはずです。



多少の風は、防波堤の際に潜む魚たちの警戒心を緩めて、良い釣果が期待できますが、
あまりに強くて白波が立つような海では竿を出すだけ時間のムダであることは過去に何度も経験しました。



台風の日にも釣りに行っていましたから・・・。^^;



しかし、12月に入って突然の寒波と強風に呆れました。



人は急激な変化に弱いことを改めて知らされました。



何もする気が起きないのです。^^;



気候は本当に気まぐれです。



釣りは自然が相手の遊びだけに、予期せぬことが多々ありますが、
こんなに酷い天気ですと、手の打ちようがありません。



悪夢とばかり、天気がおさまるのを待つしか他にすることもありません。



それにしても、とてつもなく寒いのです。



この寒波で、タチウオなどが一気にいなくなって、
メバルやカレイ、アイナメなどが釣れれば良いのですが、
それもあまり期待できません。



12月14日の総選挙みたいに、はなから答えが決まっているような釣りはしたくもないのです。



こんな寒い日の夕飯は鍋料理が良いと思っていたら、
案の定でした。
GEDC5644.JPG


寒い日の夜は鍋料理が良いです。



身も心も温まります。
GEDC5645.JPG



美味しい鍋料理を食べてから、カレイの釣り場を再検索。



・アソコはどうだろう?
・アッコも釣れるかも?
・アソコならいるはず・・!!
・・などと手前勝手な仮想に耽ります。



釣りは仮想のゲームの一面があります。



現地に赴くと、完膚なきまでに現実を思い知らされるのですが、
アーデモナイ、コーデモナイ・・と、考えている時が一番楽しくワクワクするのです。



私と同じように、ありもしない現実を夢見て釣りに行かれる方へ。



防寒だけはしっかりとやってください。



あまりに寒いと、釣りなど・・したく、なくなります。

スポンサードリンク

まとめ

コメント


管理者のみに表示

トラックバック