通勤途中で立ち寄った箱崎埠頭で「枯れ渋の釣り」を堪能しました!」

今日は通勤途中で箱崎埠頭のバナナセンターに立ち寄りました。


箱崎埠頭のバナナセンター??と言われる方もおられるかもしれませんが、箱崎埠頭の最西側です。
つまり、東浜のガスタンクが並ぶ対岸のことをそう言います。


昔はバナナ埠頭と言われていたそうですが、おそらくここでバナナの積み下ろしが行われていたのではないかと推定します。


秋晴れの実に良い天気です。


仕事などしている場合ではございません!!^^;(笑)


オーソドックスにアジゴを狙っている釣り人がおられました。
GEDC5343.JPG
例年だと、今の時期は誰でも入れ食いでもおかしくないはずのアジゴですら、私が見ている間に本の1~2匹しか釣れていませんでした。

GEDC5344.JPG

一連の動作を見る限り、釣り歴が決して短くはない釣り人であることは一目瞭然ですが、なのに、アジゴさえなかなか釣れません。


アジゴがこれほど少ないのでは、アジゴをベイトフィッシュとするサゴシ(サワラの幼魚)やタチウオが少なくても不思議ではございません。


例年10月の半ばであれば、15センチほどのアジゴが、1時間で100匹釣れても不思議でもないはず。


どうやら今年のは博多湾の湾奥の情況は、外見では分らない事態となっているようです。


ところが、こういう情況の中、コンスタントに小物を入れ食いで楽しんでおられる釣り人を発見しました。


GEDC5342.JPG


ビニールバケツの中は、多くのトンマに混ざり、ピンギスやアジゴも数匹いました。


これらの魚を楽しそうにウキ釣りで釣っているのです。


ウキは1.5~2号ぐらいのチヌ用の35センチほどの長さがある遠矢ウキのような形をしているウキですが、遠矢ウキではありませんでした。


完璧にタナ(水深)を測って、エサが海底付近を漂うようか、海底スレスレの位置に来るようにしていると思いました。


アオムシをハサミで1・5センチ程度に切り、袖型の6号ぐらいの小型のハリを使われていました。


ハリスの長さはせいぜい40センチ程度で、浮力調整のガン玉が1個ハリの上10センチぐらいの位置にありました。


エサのアオムシをハリに丁寧に刺して、海に投入すると、ウキの先端のメモリが幾分沈んだところでアワセを入れると次々にトンマが釣れていました。


黙々と釣られていましたが、見ているだけで楽しそうな釣り方です。


記事に書いたことがあるかないかは覚えていませんが、西新のリヤカー舞台の最後の魚屋さんのNさんから、
肉厚のトンマの刺身は絶品!!」と言うお話を聞いたことがあります。


小さくで、口が蛇腹のように伸びるし、ヌメヌメ、ベトベト・・・で、普通はクーラーには入れたくない魚ですが、煮付けや素揚げ、から揚げにすると、とても美味しい魚なのです。


トンマのことを知っている方しか、こういう釣りはできないものです。


通常はキス釣りの外道扱いですが、それは数がまとめて釣れないせいもあるのです。


ところがこの釣り人は視点・観点が大きく異なります。


トンマをメインに狙うことも渋いのですが、釣り方が枯れています。


投げ釣りならともかく、ウキと磯竿で釣っていることが釣趣溢れる釣り方です。


もはや、時間と金をかけて遠くまで赴きチヌの50センチオーバーだの、クロの45センチオーバーだのと言っている次元でとは隔絶したオンリーワンの世界を垣間見ました。


出勤時に久しぶりに心がときめきました。


楽しそうに釣りをされている方を久しぶりに拝見しました。


感謝!!です

スポンサードリンク

まとめ

コメント


管理者のみに表示

トラックバック