散髪の後で箱崎埠頭で半夜釣り

夕方5時半ぐらいから、行きつけの床屋に行きました。


例によって男●人で営むチョイと怪しさを感じる床屋なんですが、今日はいつも私の髪をカットしてくれる二日酔い気味の男性がいない代わりに若いアンちゃんがいました。(苦笑)


いつも二日酔い気味でカットしてくれる男性の傍らに立ってじっと見ていた男性が、首元にカバーを巻くなり、「鬢(びん)はアイビーで、全体的に2センチぐらい短くしますね!」と、私がいつもオウムのように言うことを覚えていてくれたので、大いに感動しましたバイ!!(笑)


僅か15分ぐらいで散髪が終わり、そのままポイント築港店にアオムシを買いに行きました。



その時点ではどこに行こうか迷っていたのですが、箱崎埠頭のはやと丸岸壁のドン詰まりで竿を出すことにしました。


001_201610072223003ed.jpg


既に薄暗くなり、水銀灯も点かずに薄暗い中で仕掛けを作るのに、マジで骨が折れました。^^;



年を重ねると、薄暗い中でライトも点けずにロッドのUガイドにミチイトを通すのも大変ですし、たかがハリスとミチイトを結ぶだけでも苦戦します。^^;



うっすらと沖防を見ますと、誰も釣り人はいません。


002_2016100722230131d.jpg
(レンズが曇っていて見えにくくて、すみません!)



しかも、そこまで苦労して仕掛けを作り、太目の元気の良いアオムシを針に刺して際スレスレに落とし込んでも、アタリのアの字もありません。(涙)



エサを確認すると、ほとんどなくなっています。



カツ・・・カツ・・・とのアタリでアワセますと正体はやっぱりこの方。


004_201610072223027c8.jpg


太目のアオムシを齧ってくれた挙句に、私を威嚇したいのか、膨らんで私を睨みつけています。(笑)^^;



すぐに海に戻して、この時期絶対に行かないポートオブ博多の護岸で竿を出してみました。



夜にここで際狙いをしている方を見たことがありませんので、もしかしたら・・・!!と思ったのですが、ここもまたアタリのアの字もありません。(涙)



クルマに戻り、東浜の漁港に行くべきか、それとも久しぶりにバナナ埠頭で竿を出してみるかと考えて、夜にも明るくて釣り易いバナナ埠頭に向いました。



私が春先に良くメバルを釣るポイント近くで、大きな折りたたみ椅子に座って電気ウキを使って釣りをしている私よりも年配の方にご挨拶。



スズキ・・ですか?」と私が尋ねますと、「サゴシば、狙いよっちゃん!」「本当はタチ(タチウオ)が釣れると、いいっちゃけどね~!」とも。


夜にサゴシが釣れるんですか?」と私が尋ねますと、「この前は夜にサゴシが何匹か釣れたバイ!!」とのこと。



私が10メートルぐらい離れて際を狙っていますと、「何もアタらんやろう!!??」とその御仁が言った直後に竿先を曲げて釣れたのがこちら。


013_20161007222306970.jpg


25センチぐらいのチビセイゴです。^^;



すぐにリリースすると、「チヌば狙いようとね??」と椅子に座った御仁が聞いてきました。


別にチヌが目当てではないのですが、メバルが釣れたら嬉しいです!!」と私が言いますと、椅子に座った御仁は、苦笑いしながら「今年はメイタ~チヌがいっちょんおらんで、こまかキビレしかおらんバイ!!」とポツリ。


(この方も落とし込み釣りをするみたい・・・・・・・です!!)


そうですね~!!今年は本物のクロダイがいないし、当歳メイタもいませんね~!!」と私が言いますと、椅子に座った御仁は「なんか・・・、海のおかしかごとある!」とボソリ。


そうしているうちに2匹目の先ほどと同じぐらいのサイズのチビセイゴが再び釣れました。


012_20161007222304d39.jpg


再びリリース。


そうこうしていると、明らかにメバルと思しきアタリがあったのですが、咥えていたエサを放しました。



すぐにアオムシを半分にして、メバル好みの細い方を針に刺して、ある程度の垂らしをとってその場所付近を攻めましたが、2度目のアタリはありませんでした。(涙)


メバルの姿が見たかった!!



時折、アジゴらしい竿先をいきなりひったくっては跳ね上げるアタリがありますが、竿先を送り込んで狙うことはせずに場所を明るい方に移動することと致しました。



そこで最近では稀な釣果を得ることが出来たんですが、そのことは次回の記事で詳しく書かさせて頂きますので、お楽しみに!!















スポンサードリンク

まとめ

コメント

No title
こんにちは。

一週間ほど前、バナナふ頭で数匹のメバルが釣れました。…が、他に針に掛るのはアジコばかりだったので、潮井浜橋沿いポイントに移動したところメバルの数釣りが楽しめました(^^♪
他に、足の裏サイズのクロや海タナゴ、セイゴ、メイタが竿を曲げてくれて楽しませてくれました。
それと、サプライズで50オーバーのチヌが釣れてビックリでした。
いつも楽しく記事を読ませて頂いております。次回記事の「稀な釣果」が楽しみですね!
コメントありがとうございます!
50センチオーバーのチヌはともかく、メバルいいですね~!!
貴重な情報ありがとうございます。次回はそこへ行って見ます。

管理者のみに表示