バラシ&バラシで、自分の釣りの技術の未熟さを再確認

それにしても雨が全然降らない日照りが続いています。


にしても、日中は灼熱の熱さですね。


こんな暑さの時は、夕涼みがてらの釣りが一番です。


6時過ぎに家を出て、近くのキャスティングでアオムシとケミホタルを購入し、過日コメントで釣り場を教えてくださった方のことを思いだして、箱崎埠頭のビートルの停泊している付近に行くことにしました。


004_20160822221602c8c.jpg


さすがに、この時間の国道3号線は渋滞しています。



釣り場に着くと、ちょうど上げの1分ぐらいで、潮位が低く水深もやたらと浅いのです。^^;


005_20160822221602851.jpg

006_20160822221604c63.jpg


この釣り場は随分昔よく通った釣り場で、全体的に浅く、桟橋を繋いでいる海中に沈んだチェーン付近が狙い目のところです。


009_20160822221605346.jpg


大物が出るポイントでもあるので、あまり好きではないクロダイ用のリールといつも使っているハンドメイドの2・7メートルの竿よりもトルクフルな3・6メートルの竿を使うことにしました。


008_20160822221605e66.jpg


日没で辺りが暗くなる少し前に、仕掛けを作り終えたのが幸いでした。


010_20160822222338d05.jpg



そうするると、すぐにビートルが戻ってきました。



エサのアオムシをつけて仕掛けを底につけると、すぐにアタリがあり、アワセを入れて釣れあがったのは、当歳メイタや当歳キビレではなく、チャリコ(マダイの幼魚)でした。


011_2016082222233954c.jpg



コイツは案外・・・・・厄介です。(涙)



その後も、全く嬉しくないチャリコばかりが連続ヒット!!(苦笑)



その後も、ウロハゼ、マハゼ、チャリコ・・が退屈しない程度に釣れ続き、沈んだチェーンと離れた場所に前打ちで仕掛けを投げ込みまして、仕掛けを手前にゆっくりと引きずると、ガツン!!と大きなアタリがあり、竿先がグイグイ・・・と曲がります。



やっと大物が来たか!!とアワセを入れると、ヤツは底をゆっくりと這ってハリから外れました!!



・・・・・・・・・・・・・・・・!!??



何じゃ?今のは?



あまり経験したことのないアタリだったのです。



チヌや大型のキビレのアタリではありません。



大型のカレイのようなアタリ方だったのです。



エサのついたハリを引き上げて新たに探りますが、またしてもこの方ばかり。


013_20160822222340185.jpg


エサがなくなるばかりで、勘弁して欲しい存在です。(涙)



そうこうしているうちに、マシンガンのようなアタリがあり、アワセを入れるとアチコチ動き回りながら釣れあがったのはこちら。


014_201608222223417eb.jpg


20センチぐらいのキスです。



その後も、マハゼ、チャリコに悩まされながら、途中幾度かの根掛かりにも悩まされて、ポイントを移動し、エサを付けて投げてエサが海底について程なくして、大きなアタリが!!


ガツン!!と竿先にアタリがあり、グイグイ・・・と重苦しいアタリ。



間違いなく、チヌかキビレの40センチオーバーの感触です。



よし!!と気合を入れてアワセた途端に、仕掛けが飛ばされました。



ルアー用のシンカーもすべてなくなっていて、ハリスがザラザラして白くなっています。



まさか大物が釣れるとは思わずに根掛かりを何度かしてシンカーがずれていたのを、そのまま元の位置にずらして釣っていたのです。^^;


ハゼやキスやチャリコなら、これでも釣れるのですが、さすがに40センチを超えるチヌやキビレには通用しません。



ここですぐに納竿としました。



こんな日に粘っても、ロクなことがないことを何十回も経験しています。



人にはハリスのチェックが何よりも大切と言いつつ、自分でそれを怠る未熟さと怠慢さ。



年を重ねるごとに、夜に仕掛けを修復するのが、とてもとても・・・面倒臭くなります。



こんなブザマな老いぼれ釣り師の真似はしないようにして下さいね。























スポンサードリンク

まとめ

コメント


管理者のみに表示