ゴミだらけの東浜の船溜まりから1キロぐらいのキビレが釣れました!!

先般の海釣り公園に行ったときのエサが余っているので、それを持って夕方5時過ぎに東浜埠頭に向いました。


007_20160718222419fae.jpg


まずは岩ガニをハリに刺して砂山付近を足早に探りましたが、それらしき気配もなく20メートルぐらいを探ってこのポイントを諦めました。


008_20160718222419904.jpg


ここで岩ガニのすべてを海に放流!!


ここ数年岩ガ二をガブリ!!と一撃で食いつくような大物となかなか出会えません。


次に行ったのは東浜漁港の入り口付近に伸びた「小物の鉄板ポイント」。


際を探ると20センチぐらいのハゼです。


009_201607182224222cd.jpg


コイツを刺身にするとメチャ旨!!なのですが、妻が「アホみたいな顔しとるけんスカン!!」と嫌うのです。(涙)


私は「愛嬌のある顔」にしか見えないんですが、人の感性は千差万別です。


同じハゼ科でも、私はこの方が若干苦手でございます。


010_20160718222421a48.jpg


東浜名物のウロハゼ。


腹黒く不気味な格好をしたハゼの仲間で、中層でも釣れるんです。 ^^;


そうしているうちに常連のミニミニセイゴがエサを咥えて際を走ります。


011_20160718222424e3d.jpg


アジゴと見間違うようなこんな小さなミニミニセイゴが1メートルを超すモンスターになる確率はどのくらいなのか?と思いました。



013_2016071822400806d.jpg


海面から1メートルぐらいのところで当歳キビレがエサをマシンガンのように突きます。


016_20160718224007bf8.jpg


エサがなくなるのを黙って黙認するわけにもいかず、アワセを入れると・・・・これバッカ!!!


015_201607182240087b0.jpg


しかも、残念なことに入れ食い!! ^^;


当歳キビレの入れ食いに遭遇するとは思ってもみませんでした。(汗)


釣り場には、数日前のゲリラ豪雨で御笠川を流されてきた木切れやゴミだらけ!!


021_201607182252009ca.jpg


聡明な釣り人は100%こんなところで釣りはしませんが、バカを絵に書いたような私はそのゴミの下に「何かがいる気配」を感じるのです。


023_20160718225159f13.jpg


ロープが海底に伸びているポイントでに、イトを張ったままエサを付け替えてそっとエサを落としますと、水深1メートルぐらいで何かがエサを食って竿が曲がっていきます。


竿先がグイ・・・・グイ・・・と。


頃合を見計らってアワセを入れますと、ミチイトがキュイーン!と鳴り、条件反射的にリールのスプールを止めてある親指を離すと、ミチイトが出て行きました。(驚!!)


50センチぐらいのフッコ・・かな??と思いきや、海面にヒラを打ちながら見え隠れする姿は幅の広い銀色の魚体です。


リールのドラッグをフリーにして、イトを出しながらクルマのところまで後ずさりして、後部座席の足元に組んであるタモを右手に持ちました。


タモを傍に置いて、リールを巻いては、相手が引くとイトを出し・・・の繰り返しで海面に浮いた獲物をタモで掬いました。


018_20160718224011ef2.jpg


40センチあるかないかぐらいの1キロぐらいのキビレです。


ハリは地獄に掛かっていました。


ビニールバケツで海水を汲んでクーラーの中へ入れて、次を狙いますと、マシンガンのようなアタリがあり、2歳魚のキビレがすぐに釣れました。


019_2016071822401083f.jpg


この後は、当歳キビレのオンパレード。(苦笑)



私がこの2匹を釣った場所はこれが目印です。


029_201607182252022af.jpg


私の持論と経験則ですが、水銀灯(常夜灯)が付近にあるポイントでは、気を抜くべからず!!と言うことです。


これまで夜釣りで50センチオーバーのチヌを釣ってきたポイントを改めて考えますと、すべて常夜灯が近くにあるポイントなのです。


食物連鎖を考えると合点がいくはず。


大型のチヌがプラグやミノーで釣れることを勘案するとお分かりいただけるはず。


026_20160718225201530.jpg


今日は妻が「魚が要る!!」と言っていましたので、キビレを2匹キープして持って帰ることにしました。


030_201607182252033d7.jpg


まだまだ小まめに探れば釣れそうな気配もしますが、9時になりましたので納竿です。


025_201607190000250d3.jpg


久しぶりに体高のあるきれいなキビレに出会えました。


自宅近くの安近短の博多湾に感謝です!!



PS

数記事前よりコメントをくださっている方へ


残念ながら頂いているコメントにはスマホもPCもメルアドが表記されません。^^;


なので、緊急措置としまして私のメルアドの一つを記載しますので、ご連絡下さい。



このメルアドは連絡が付き次第削除いたします。


ご連絡お待ちしております。


よろしくどうぞ!!











スポンサードリンク

まとめ

コメント

最近、よく拝見してます。
きれいなキビレですね。私も拙いながら博多でヘチ釣りしてます。
いつか釣り場でお会いしたいものです。
No title
釣り場で会える日が楽しみです。


記事を読んでくださり、ありがとうございます。

管理者のみに表示